7ウォータークオシアを購入レビュー!濃度はどれくらいなのか?

7ウォータークオシア

7.0ppmの水素水を作ることができる水素水として特徴的な水素水7ウォータークオシアを購入してみたので、レビューをお届けしてきます。

7ウォータクオシアの公式サイトはこちら

7ウォーターを購入してみました

実際に商品購入してみました。

7water

7ウォータークオシアは水素水を作るキットを購入する商品です。専用のペットボトル2本(耐圧)と水素発生材30本、そして水素濃度判定試薬がスターターキットには入っています。

リピートしたい場合スターターキットを購入する必要がなくて、水素発生剤だけ購入すればOKです。

7ウォータークオシア水素水の作り方

7ウォータークオシアは作り方が動画で公開されています。

7ウォータークオシアの作り方はとても簡単です。

  1. ペットボトルに表面張力ぎりぎりまで水を入れる
  2. 水素発生剤をペットボトルに入れる(水がこぼれるので注意)
  3. ペットボトルの蓋を閉める

これだけでOKです。作ったら約1日放置することで水素水が出来上がります。

実際に私が家で作った時の様子もお伝えしておきますね。

7ウォータークオシア作る

ペットボトルに水素発生剤を入れただけなので非常に簡単です。

7ウォータークオシアの水素濃度

7ウォータークオシアの水素濃度は実際にどれくらいなのでしょうか。実際にどれくらいの濃度なのか測っていみました!

付属している水素濃度判定試薬というものを使えば、家庭でも簡単に水素濃度を測ることができます。保存水素濃度判定試薬は水素水に1滴ずつ垂らしていく青色の液体です。

水素水に垂らして透明になれば水素があり、青色のままなら水素無しという状態です。

保存水素濃度判定試薬

何滴垂らすことができたか×0.1ppmで水素の濃度を測ることができるんですね。

実際に測っている様子が以下です。

7ウォータークオシアの濃度を測る

ただし、7ウォータークオシアは測るタイミングによって水素濃度が変わってくる、ということが付属の説明書にも書かれています。

【説明書に書かれている水素濃度】

  • 水温15度・12時間後:5.0ppm
  • 水温15度・24時間後:7.0ppm

この情報が本当に正しいのか、実際に自分自身で計測してみました。また、作ってすぐにはどれくらいなのか、実際に濃度も測ってみました。

【実際に測ってみた水素濃度】

  • 約2時間後:3.1ppm
  • 約12時間後:5.2ppm
  • 約24時間後:5.6ppm

といった濃度の推移です。7.0ppmにはなりませんでしたが、かなり高濃度なことが分かりました。7.0ppmにならないのは、圧力や温度の条件などがあるのかもしれませんが、原因は分かりません。

また、さらに実験的に数日間放置した場合の水素濃度を計測してみました。

【数日間放置してみた水素濃度】

  • 約3日後:3.3ppm
  • 約5日後:3.4ppm

5日間放置してみても3.4ppmの濃度を保っていたため、保存性もあることが分かりました。おそらく、水素発生剤から微量な水素が発生し続けているため、ペットボトルから逃げていく水素量よりも発生水素量の方が多いことが原因だと思います。

それでも、アルミパウチの水素水では1.0ppm程度が限界なので、非常に高濃度な水素水だということが分かります。

7ウォータークオシアが高濃度を実現できる理由

水素水に詳しい方なら水素濃度は1.6ppmが限界なはずなのに、なんで1.6ppmを超える水素水が作れるのか疑問に思うのではないでしょうか。

確かに、水に溶かすことのできる水素量(飽和濃度)は1.6ppmといわれていますが、あくまでも通常の環境の場合です。飽和濃度は「圧力・温度」によって変わってくるため、絶対に1.6ppm以上水に水素が溶けないというわけではありません。

7ウォータークオシアの場合、ペットボトルに水素発生剤を入れると気泡が発生してきて、ペットボトルの中の圧力が高くなることが分かります。

つまり、内部の圧力を高くすることで1.6ppmを超える水素濃度を実現しているんですね。

7ウォータークオシアのメリット・デメリット

7ウォータークオシアは高濃度なことは分かったと思いますが、いい事ばかりなのでしょうか。良い点・悪い点をまとめてみましょう。

【メリット】

  • 高濃度な水素水を作れる
  • アルミパウチの水素水に比べ価格が安い

メリットは高濃度なことと価格が安いことでしょう。アルミパウチの水素水の場合、アルミパウチにパッケージングする費用が掛かるため、水素水の価格が高くなっています。

7ウォータークオシアの場合は、パッケージングに高い技術を要さないため、非常にリーズナブルに購入できるのがメリットになります。

【デメリット】

  • 作るのが面倒
  • 1日待たないと最高濃度の水素水を飲めない
  • 水素発生剤を直接水に入れるため衛生面が気になる

デメリットは作るのが面倒な点でしょう。アルミパウチであれば開けたら飲むだけなので非常に楽なのですが、7ウォータークオシアは自分でペットボトルに水を入れ1日待たなければなりません。作ること自体は、それほど面倒ではありませんが手間が全くかからない・・・というわけではありません。

また、水素発生材を直接飲み水に投入するため衛生面が気になるかもしれません。水素発生剤自体は衛生面を保たれた状態で梱包されていますが、あなた自身の手で水素発生剤を触るため、そこから雑菌が混入する可能性はあります。

作るときは必ず手を洗ってから行いましょう。

7ウォータークオシアの水素発生剤

水素発生剤を投入するため衛生面が気になるといいましたが、水素発生剤自体に危険性がないのかも気になりますよね?

7ウォータークオシアが水につけると水素が発生する理由は「マグネシウム反応」によるものです。マグネシウムと水が反応することで水素が発生しています。

マグネシウム自体は「ミネラルの一種」なので、特に体に害ということはありませんし飲み水にしみこんでいる可能性も低いでしょう。私自身、飲んでいてマグネシウム臭いなと思ったことはありません。

7ウォータークオシアと他の製品の比較

7ウォータクオシアは他の水素水と比べておすすめできる商品なのでしょうか。比較してみましょう。

クオシア アキュエラ 浸みわたる水素水(アルミパウチ)
7ウォータークオシア 水素水7.0ppmアキュエラアイキャッチ 浸みわたる水素水
値段 5,600円(37円/100ml) 6,800円(46円/100ml) 6,800円(58円/100ml)
内容量 500ml×30回 500ml×30回 500ml×30本
実測濃度 3.1ppm 3.1ppm 1.1ppm

ご覧いただいた通り、コストと水素の濃度では7ウォータークオシアが非常に優れていることが分かります。アキュエラは7ウォータークオシアの類似商品(同じ手法で水素水を作る商品)ですが、クオシアの方が安くできるんですね。

アルミパウチは性質上、どうしても1.0ppm以上の水素濃度を維持することが難しく、パッケージ費用が高くついてしまうのでコスト勝負ではクオシアに軍配が上がります。

コストを重視するのか、手間を重視するのかでどちらが良いかは変わってくると思いますね。

7ウォータークオシアの最安値・購入方法

7ウォータークオシアを買うなら最もお得に購入したいと思いますよね?

【7ウォータクオシア取り扱い状況】

  • 楽天市場:なし
  • Amazon:なし
  • Yahooショッピング:なし

残念ながら公式サイトでしか購入することはできません。近所の薬局やドン・キホーテでも販売しているの見たことはないので、公式サイト以外で入手はできないようです。

7ウォータクオシアの公式サイトはこちら

まとめ

7ウォータクオシアは現状最高濃度を実現できる水素水ですし非常に安く買うこともできる水素水です。作る手間が惜しくない人なら購入して損はないと思いますよ。

7ウォータクオシアの公式サイトはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ