水素風呂・入浴剤・水素水生成器の選び方のポイントはこの3つ!

水素の効果は注目を集めており、水素水に注目が集まっていますが、同時に水素風呂にも注目が集まっています。

そこで、水素風呂を始めてみたいという方が、後悔しないように商品の選び方を解説していきます。

水素風呂のタイプ

水素風呂は通常のお風呂に水素を発生させる装置や、入浴剤を入れることで、お風呂で水素を発生させるものとなります。

水素風呂の商品選びポイント

水素風呂の商品選びの最大のポイントはこれしかありません。

  • 水素がどれだけ発生するか
  • コスト(ランニング費用含む)
  • メンテナンス

これらのポイントをそれぞれ見ていきましょう。

①水素発生量

水素風呂に入る目的は水素を肌の表面から吸収することです。そのため、水素が発生していなければ意味がありません。そのため、水素が発生していなければ、まず話にならないのです。

では、実際に水素風呂にどれだけの水素が発生していることが効果的なことを考える必要があります。実は、水素風呂についてはどれくらい水素が発生していればよい、という考察が書かれていないので、少し推論になりますがご容赦ください。

水素風呂として効果的な水素発生量は?

水素の第一人者である日本医科大学の太田教授の著書「水素水とサビない身体」では水素水について以下のように書かれています。

  • 水素水の濃度は0.8ppm~1.0ppmが目安
  • 水素が体に浸透するのに約7分
  • 1日500ml程度を1回、もしくは2回とるのが良い

これは飲む場合の水素水について語っていることです。この情報から、水素風呂に必要な水素量を無理やり計算してみたいと思います。

計算の前提条件

  • 水素水500mlの1.0ppmを飲むのと同じ量が最適とする
  • すべてが体に吸収されるわけではないので水素風呂では50%が吸収されるものと仮定する
  • 約7分で水素が体に浸透するため、7分間で先の2点の計算する水素が発生できるものが最適な水素風呂用の機器とする

※ppm=1mg/ℓ

この前提で考えた場合の計算すると水素風呂で必要な水素の発生量というのは、0.036mg/分となります。1分間で0.036mgの水素が発生する装置や発生剤であれば、効果が最大になると考えられるわけですね。

もちろん、ppm表記で水素風呂の水素発生量を記載しているものであれば、ppmを参考にすればOKです。その場合は、太田教授著書にあるppmの1.0ppmを目安で宵でしょう。

しかし、水素風呂用の水素発生剤や発生装置だと、○○時間発生し続けて○○mgの水素が発生と書かれている場合もあるので、このような指標を計算してみました。

ここまでの内容をまとめるとこうなります。

  • ppm表記の水素風呂用発生剤・発生装置なら1.0ppmを目安にする
  • 時間と発生量なら0.036mg/分を目安にする

※独自計算なのであくまでも参考値としてとらえてください。

また、最も最悪なのは水素の発生量が一切かかれていない商品です。もちろん、水素が発生しないということはないでしょうが、どれくらい出るのかすら書かれていない商品は避けた方が無難でしょう。

②ランニングコストについて

水素発生剤を都度購入して水素風呂を利用する場合は、毎日入る場合のコストを計算すればいいだけですが、水素風呂用の水素発生装置の場合は、消耗品の代金と電気代を頭に入れておく必要があります。

バッテリーや専用の清掃品が必要か、などまで含めてコスト計算してあげましょう。

③メンテナンス

これも水素風呂用の水素発生装置を購入する場合だけの考慮事項ですが、定期的なメンテナンスが必要かどうかを確認しておきましょう。清掃頻度はどれくらいで、どんなことをすればよいのか、面倒だと使わなくなってしまいますからね。

水素風呂は発生剤と発生装置のどちらを選ぶべきか?

水素風呂で悩むのは「発生剤」を選ぶべきか「発生装置」を選ぶべきかです。発生装置は高額なため、水素発生剤から始めてみましょう・・・と通常ならいうのですが、水素発生剤には欠点も存在します。

  • 発生剤をお風呂に入れるため掃除が面倒

水素発生剤を利用して水素風呂に入ろうと思うと、水素発生材をお風呂の中に投入する必要があります。そのため、掃除が面倒になってしまいます。

一方、水素発生装置であれば、水を電気分解して水素を発生させるため、何もゴミなどは出ません。

一概にどちらが良いとは言い切れませんが、筆者個人的にはお風呂の浴槽に水素発生剤がばら撒かれるのは、お勧めしたくないですね。

参考:水素発生材に使われる素材は?

水素発生材に使われる素材は、商品により異なりますが、基本的にはマグネシウム系の金属となります。マグネシウム系の金属を化学変化させて、水と反応することで、水素を発生させるようになります。

お勧めの水素風呂購入プロセスは?

ここまで、水素風呂は実施したいならいきなり勇気をもって、お風呂用の水素発生装置を買うしかない、という流れで説明してきましたが、それはお金に余裕がない限り難しいと思います。

そこで、お勧めしたいのが「飲む水素水を始めて効果が実感できたら水素風呂を始めてみる」ということです。

水素水の効果は飲んでも・お風呂でも原則は変わりません。水素風呂の方が肌表面から取り込めるため、肌への効果は高いとも言われていますが、それほど大きくは違わないでしょう。

何より、トライアル期間として考えるのであれば、水素水でよいのではないか、と思うわけです。コスト面でも水素風呂(発生剤)の方がお金がかかるというのも、私が水素水を進める理由の一つです。

  • 水素風呂:1入浴500円~
  • 水素水:1本100円~

水素水であれば、安ければ1本100円未満のものも存在します。(初回限定価格に限りますが)水素水の場合は、初回限定プランを理由することで3ヶ月毎日飲んでも2万円以下で試すこともできたりするのです。

水素水の効果は論文などの臨床データでも約10週間のデータで行われているので、3ヶ月試せば十分に効果は発揮できるでしょう。水素第一人者である太田教授の著書の中では「2ヶ月で効果を実感する人が最も多い」とも述べられています。

そのため、まずは水素水で安めに効果を実感してから、水素風呂にチャレンジするのが経済的にもおすすめかな、と思います。

⇒3ヶ月水素水を毎日飲んで2万円以下で済ませる方法まとめ

もうすでに水素水の効果を十分に体感しているあなた!

水素風呂にチャレンジしてみてもよいと思います。選び方は、ここで述べたように水素がしっかりと発生する装置を選ぶことです。以下でお勧めの商品を紹介していますので、参考にしてください。

⇒お勧めの水風呂用水素水生成器はこちら!

参考になったら、友達にシェアしてみませんか?

水素水体験談

水素水の体験効果 2人の体験談

水素水が初めて・疑問だらけの「あなた」を手助け!

水素水のすべて

目的から水素水を選ぶ

安く買う空白健康病気
ダイエット空白美容美肌

水素水をランキングから選ぶ

水素水ランキングバナー
水素水サーバーランキングバナー
水素水サーバーランキングレンタルバナー
水素風呂ランキングバナー
携帯型水素生成器バナー

水素水選びにお悩みなら

サブコンテンツ

このページの先頭へ