水素水は危険?火で爆発しない?

水素は燃料やエンジンに使われるなど、爆発するイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

では、水素水に火をつけると爆発するのではないか、危険なのではないかという疑問があるかもしれないので、この疑問を解決していきましょう。

水素が爆発する原理

水素爆発というと、東日本大震災で発生した原発事故を思い出す方もいるでしょう。原発の爆発は水素爆発でした。

東京電力(株)・福島第一原子力発電所では、水素爆発が起こりました。この水素は、原子炉を冷やす機能を失ったため、本来は水の中に浸かっている燃料が露出して高温となり、燃料棒を覆っている金属の管(被覆管)が水や水蒸気と反応して発生しました。被覆管はジルカロイという合金製で、高温になると水や水蒸気と反応して酸化する性質があるため、水や水蒸気(H2O)の酸素(O2)がジルカロイに移動することで、水素(H2)が発生しました。

水素爆発は、この水素が酸素と反応して(引火して)起こったもので、核兵器の水爆(水素爆弾)とは原理も規模もまったく異なります。
出典:東京電力

少し分かりにくいかもしれませんね。

物凄く簡単にいうと原理はこうなります。

  • 水素は燃えやすい性質だ
  • 水素が酸素があり燃えると爆発が起きる

中学校の理科の実験でも水素爆発は行っていると思いますが、酸素と水素が結合することで水が出来上がりましたね。

水素水に含まれる水素は安全と言い切れるのか?

水素は、空気に4%〜75%混ざったときに、燃える気体になります。この状態に、静電気程度のエネルギーが加わると着火します。逆に、2つの条件が重ならなければ、自然に着火・爆発することはありません。
出典:R水素ネットワーク

おそらく空気中の酸素濃度から逆算して水素の量が4%以上にならないと水素爆発は発生しない、ということでしょう。

そうなると、水素水に含まれている水素の量が気になりますが、水素水はどれくらいの濃度の商品があるのでしょうか?

水素水ランキングでもいろいろ比較していますが、現状最高峰の水素濃度を誇る7.0ppmの水素水を利用したとしましょう。

ppm(パーツ・パー・ミリオン)は、100万分のいくらであるかという割合を示す数値なので・・・7/100万が濃度ということで・・・4%には・・・遠く及びませんね。

仮にあなたが水素水から水素だけをかき集めて、密封空間に閉じ込めることができる能力があれば、水素が爆発する可能性はあるかもしれませんが、そんな人いないでしょう。

まとめ

水素水が爆発する危険性など皆無だということが分かったかと思います。

その他、水素水に関する疑問は以下の記事を見ると大抵のことは解決できると思うので、ご覧ください。

⇒水素水の基本!効果・化学・詐欺まですべて公開中

水素水商品をいろいろ見てみたい人はこちらもどうぞ。

⇒通販水素水を比較・ランキング

参考になったら、友達にシェアしてみませんか?

水素水体験談

水素水の体験効果 2人の体験談

水素水が初めて・疑問だらけの「あなた」を手助け!

水素水のすべて

目的から水素水を選ぶ

安く買う空白健康病気
ダイエット空白美容美肌

水素水をランキングから選ぶ

水素水ランキングバナー
水素水サーバーランキングバナー
水素水サーバーランキングレンタルバナー
水素風呂ランキングバナー
携帯型水素生成器バナー

水素水選びにお悩みなら

サブコンテンツ

このページの先頭へ