還元水素水とは?水素水とは?違いは?

水素水が流行している中、還元水素水、水素水などという言葉が乱立していて、何が違うのかよくわからない、という人も多いのではないでしょうか。

それぞれが、どのようなものなのかまとめていきます。

還元水素水とは?

還元水素水とは電気分解されて作られた水素水のことを呼びます。実はその他にも似たような言葉で扱われているものがあります。

  • アルカリイオン水
  • 電解水素水
  • 還元水
  • 還元性水素水

電気分解されたことにより水素が発生してできた水のことを差しています。

電気分解の仕組み

出典:panasonic

実は、この還元水素水やアルカリイオン水という言葉・商品は現在流行している水素水より前から登場していました。メカニズムは不明だが、電気分解した水には胃腸への良い効果がある、ということが臨床データから分かり、電気分解した水は医療的な効果がある、と厚生労働省が認めたからですね。

厚生労働省告示第112号において、家庭用医療機器であるアルカリイオン整水器(家庭用電解水生成器)の使用目的は、「胃腸症状改善のための飲用アルカリ性電解水の生成」と定められております。

中略

アルカリイオン水の効果の要因については、これまで様々な仮説が提唱されてきておりますが、なぜアルカリイオン水に胃腸症状改善の効果があるのかについては、現段階でメカニズムは明確に解明されておりません。
出典:アルカリイオン水整水器協議会

水素が体に良い、という言われ始めてきたのは、2007年に発表された日本医科大学 太田教授の論文からなので、その前から還元水素水やアルカリイオン水という言葉はあり、その効果が厚生労働省により認められていたことが分かります。

還元水素水の特徴は、水素摂取が目的ではなく、電解した水を摂取することが体に良いと考えられている点です。そのため、現在一般的に販売されているような水素水のように、水素配合量が多いわけではありません。

還元水素水(電解水素水)生成器の取り扱いメーカーに問い合わせて電解水素水生成器では、以下のような水素濃度となる、と回答いただいています。

  • レベル1 100ppb (0.1ppm) 酸化還元電位 -99 pH9.54
  • レベル2 160ppb (0.16ppm)酸化還元電位 -402 pH9.69
  • レベル3 250ppb (0.25ppm)酸化還元電位 -627 pH9.95
  • レベル4 590ppb (0.59ppm)酸化還元電位 -700 pH10.16

※pH10を超える水は、飲料として飲むには「マズイ」といわれています。

水素水とは?

水素水は一般的に水素分子を大量に含んだものを表しています。厳密に還元水素水との違いはありませんが、水素水として販売されている商品は、還元水素水よりも、水素の量が多いことが特徴です。

還元水素水は電気分解により水素を発生させますが、水素水は電気分解に限らず、水素ガスを水に溶かして作ることが主流です。各社により名前は違いますが、ナノバブル製法、などと呼ばれます。水素分子を大量に水に溶かすために、圧力をかけたり、様々な技術が用いられます。

ナノバブル製法

水素ガスの気泡の直径を、1マイクロメートルよりも非常に小さい、数百ナノメートルから数十ナノメートルという極限まで小さな水素分子の泡にし、そのナノバブルを水の中に溶け込ませることで水素水を作るのが、「マイクロナノバブル製法」。限りなく小さな水素の泡(バブル)であるため、普通の水に圧力をかけるよりも濃度の高い水素水を作ることができるのです。

こちらでご紹介したのは、当サイトで最もお勧めしている水素水である、浸みわたる水素水の水素水生成方法です。

⇒浸みわたる水素水詳細・採点・レビューはこちら

電気分解の場合は、水素濃度を上げるためには水を多く電気分解しなければならず、水素イオン・水酸化イオンも同時に発生します。そのため、どうしてもpHが高く(アルカリ性になる)なってしまう、という問題があるのですね。

あまりにもアルカリ性に偏った水は人間の味覚上は不味いと感じてしまうので、還元水素水として水素濃度を引き上げるのは、少し難しい部分があるのですね。

還元水素水・水素水のどちらが良いの?

現在、水素水として市場に並んでいる商品は、ほぼすべてが後者の「水素水」です。還元水素水はほとんど見かけません。この理由は、水素の含有量といってよいでしょう。

2007年に水素の効果を世界に向けて発表した日本医科大学の太田教授が、著書の中で以下のように述べています。

  • 水素水の濃度は0.8ppm~1.0ppmを目安にする
  • 300ml~500mlの水素水を1日1回飲むのが効果的

各社が競って水素濃度の高い水を作り始めたのは、太田教授の発言の力と考えらえます。先ほども説明しましたが、還元水素水ではどうしても水素濃度を引き上げることが難しいので、各社水素ガスを注入する方式で水素の含有量を高めようとしています。

太田教授が推奨する量だけ水素を体に取り込みたいと考えれば、還元水素水ではなく水素水を飲むべき、と考えてよいかと思います。

まとめ

水素水が流行することにより、様々な噂や情報が氾濫し、混乱を招いている点もあるかと思いますが、正しい知識を持って水素水と向き合うことは大切です。今回は、還元水素水と水素水の違いをお伝えしましたが、参考になったでしょうか。

もしも水素水をこれから始めよう、とあなたが思っているのなら、様々な情報に流されない、水素水の選び方を学んでほしいと思います。水素水は商品選びが肝となりますので。

⇒初心者でも失敗しない・水素水の選び方

参考になったら、友達にシェアしてみませんか?

水素水体験談

水素水の体験効果 2人の体験談

水素水が初めて・疑問だらけの「あなた」を手助け!

水素水のすべて

目的から水素水を選ぶ

安く買う空白健康病気
ダイエット空白美容美肌

水素水をランキングから選ぶ

水素水ランキングバナー
水素水サーバーランキングバナー
水素水サーバーランキングレンタルバナー
水素風呂ランキングバナー
携帯型水素生成器バナー

水素水選びにお悩みなら

サブコンテンツ

このページの先頭へ