赤ちゃん・子供・大人まで家族全員で水素水を飲む方法は?

家族
水素水を家族全員で飲みたいけど、赤ちゃんや子供、そして大人まで全員が飲むことを考えると、どんな方法で水素水を飲むのが良いのか、悩んでしまいませんか?

そこで、家族全員で水素水を飲むためには、どんなところに注意して、そしてどんな商品を選ぶのが良いのか、お伝えしたいと思います。

家族全員で水素水を飲むときの注意点

まずは、家族全員で水素水を飲むときの、注意点を確認していきましょう。家族全員といっても、各家庭環境によりバラバラなので、こんな家族構成を前提に考えてみましょう。

【家族構成】

  • お父さん:30代後半・会社員
  • お母さん:30代後半・専業主婦
  • 子供①:小学生
  • 子供②:幼稚園未満

こんなごく普通の子供2人の家庭環境だったとすると、どんなところに注意したらよいでしょうか。

①お父さんの場合

お父さん
お父さんは会社員で、毎朝早くに会社に出かけ、夜も遅くに帰ってきます。もしも、家で水素水を飲もうと思ったら、朝か家に帰ってくるまで飲むことはできません。

もちろん、会社で水素水を飲むことも選択肢になりますが、水素水は美意識の高い系の人の飲み物というイメージが強いので、会社で飲むのはちょっと抵抗があったりしますよね?

  • 会社の女子①:高橋さんって水素水飲んでる?
  • 会社の女子②:えー、なんかイメージと違うね~
  • 会社の同僚:水素水って女子の飲み物じゃないんですか?

こんな声が聞こえてきそうで、何となく会社では飲みづらいな~、って思ったりしてしまいますね。なので、水素水を飲むなら、こっそり家で飲みたいな~、なんてね。

もちろん、会社で飲んでもいいのですが、別に無理して会社で飲む必要はありません。なぜなら、水素水はこんな飲み方でOKといわれているからです。

  • 1日1回~2回飲めばOK
  • 1日に飲む量は300ml~500ml

なので、家にいるときに飲めば、十分に効果を得られます。会社にもっていく必要はないですね。

②お母さんの場合

お母さん
お母さんは専業主婦なので、基本的にはいつでも家で水素水を飲むことができます。もちろん、たまには外でお茶したり、ジムに行ったりしますが、子供の面倒があるので、なかなか外に出られません。

そうなると、やはり家の中でいつでも水素水を飲めるのが、一番ライフスタイル的にはあっていますね。

いつでも、気軽に水素水を飲もうと思ったら、通販のアルミパウチの水素水でも、家庭用の水素水サーバーでもどちらでもお母さん的にはOKですね。好きな時に、自分のペースで飲むので。

ただ、アルミパウチが500mlだと一気に飲まなければならないので、一人の時には飲みにくいかもしれません。もちろん、蓋をして保存してもよいですが、できればすぐに飲んでしまいたいですからね。

③小学生の子供

小学生
小学生の子供は、別に水素水のメリットはあまりわかっていません。なので、水素水を定期的に飲む、という習慣が根付かないんですよね。

なので、水の代わりに水素水を飲めるのが一番簡単に水素水を飲ませる方法です。

そうなると、アルミパウチなどで販売されている水素水だと、ちょっと使いにくくなってしまいます。アルミパウチの水素水は、開けたらすぐに飲むのが基本なので、子供の気まぐれに合わせて飲ませることができないですからね。

④幼稚園未満子供

小さな子供
幼稚園未満の子供は水分補給量もそれほど多くありませんし、頻繁に少しだけ水分補給を行いますよね?小学生の子供と同様に、水素水を特別に飲む、という習慣を根付かせるのは難しいかもしれません。

そのため、水分補給の代わりに水素水を与えてあげる、というのが有効な水素水摂取方法となるでしょう。

子供には水素水を飲ませる必要はあるの?

効果ある?
ただ、気になるのは子供に水素水を飲ませる必要はあるのか?ということではないでしょうか?

確かに、大人に比べれば、水素水を飲ませるメリットは少ないといえるかもしれません。

水素水の効果というのは活性酸素を還元し無害にすること、ということが研究論文で発表されています。そして、活性酸素の発生量は、年齢とともに増えていく(正確には活性酸素を撃退する力が弱まる)ことも分かっているからです。

ただ、子供にとってメリットが全くないというわけではありません。

【子供へのメリット】

  • アトピー改善に効果を発揮した実績あり(順天堂大学)
  • 水素は小さい物質なので脳へも届くため脳の発育にも好影響を与えるという見解あり

もちろん、子供に対する水素水の効果は、はっきりとした研究成果が出ているわけではありません。現段階の研究では、病気へ対する有効性を検証することが優先事項となっているため、健康体かつ子供という分野にまでは研究が届いていないからです。

ただ、活性酸素という物質の性質上、大人子供関係なく、様々な物質を酸化させる力があるため、子供に限って効果がない、という可能性は低いと考えられます。

気になる水素水の費用は?

コスト計算
ライフスタイルに合わせた、水素水の選び方ですが、やはり最も気になるのは水素水にかかる「お金」ですよね?水素水を飲む方法はいろいろありますが、それぞれどれくらいのお金がかかるものなのでしょうか。

【水素水を飲む手段】

  • 水素水アルミパウチで飲む(通販で飲む)
  • 水素水サーバーで飲む(購入・レンタル)
  • 携帯型の水素水生成器で飲む(購入)

大きく分けると、こんな3通りになるかと思います。

では、それぞれにかかる費用を比較してみようと思いますが、費用比較に当たっては、それぞれのタイプでこのサイト内でおすすめNo1にしている商品をサンプルに用います。

【参考情報】

【価格比較】
価格比較

少し小さくて分かりにくいかもしれませんが、3年間のコスト比較を行いました。

【3年間のコスト】

  • 水素水アルミパウチで飲む(通販で飲む):317,520円
  • 水素水サーバーで飲む(購入):185,760円
  • 水素水サーバーで飲む(レンタル):243,086円
  • 携帯型の水素水生成器で飲む(購入):53,784円

ただ、本当に価格だけで決めてしまってよいのでしょうか。実はそれぞれに特徴があります。

①アルミパウチ

価格シミュレーションは500ml/1日分なので、家族全員で飲むとなると2倍~3倍の値段がかかります。

また、決められた本数しか飲むことができないので、水素水のストック管理も必要です。長期的に続けるなら、サーバータイプに勝るメリットがありませんが、試してみる分には手を出しやすい価格(500円~1000円台)で、10本程度入手することが可能です。

②水素水サーバーで飲む(購入)

水素水サーバー購入は初期費用が掛かるので、手を出しにくいというのがデメリットです。水素水は飲み放題で、すぐに飲めるタイプの商品があるので、使い勝手の良さはかなりのものですけどね。

また、トータル費用はレンタルよりも安いのもメリットとなりますし、卓上タイプが主流なので、置き場所にも困りません。

③水素水サーバーで飲む(レンタル)

水素水サーバーレンタルの魅力は、サーバー購入費用を抑えられることです。いきなり大きな出費が出ないので、うれしいですね。もちろん、水素水は飲み放題です。

ただ、トータルコストでは購入した方が安かったり、レンタルサーバーは大きいので、設置場所がネックになることもあります。

④携帯型の水素水生成器で飲む(購入)

最も安いのは携帯型の水素水生成器で飲むことですが、一度に作れる量が200ml~500mlしかないので、家族で飲むには渋滞を起こしてしまいます。生成時間も10分程度かかるので、家族全員で飲むのには向きませんね。

結局どれを選ぶのが家族向けなのか?

それぞれにいろいろなメリットデメリットがありますが、総合的に見てどれがお勧めなのでしょうか。私の個人的見解でいえば、水素水サーバーを購入してしまうのが、最も良いかと思います。

【水素水サーバー購入をお勧めする理由】

  • 水素水を家にいればいつでも飲めるのが家族向け
  • 長期的な価格メリットもある(アルミパウチ・レンタルに比べて)
  • 卓上タイプでどこにでもおける

やはり、家族で飲むとなると、家でいつでも飲めるのが良いと思いますね。子供やお父さんは、結構不定期に水素水を飲むと思うので、家ならいつでもすぐに飲める、水素水が良いと思います。

そうなると、水素水サーバーを購入するか、レンタルするかになるのですが、購入の方がコストメリット(長期的に)あり、さらに卓上でどこでもおけるのが魅力です。

これらの理由から水素水サーバーを購入するのが良いかな、と思いますが、一括で10万円を超える商品なので、すぐにお金を出せない可能性もありますね。そんな方は、レンタルを選択するのもありだと思います。

ちなみに、水素水サーバーランキング(購入)の1位商品は、実はレンタルプランもあるので、そっちでもいいかもしれませんね。卓上タイプ唯一のレンタルです。

参考になったら、友達にシェアしてみませんか?

水素水体験談

水素水の体験効果 2人の体験談

水素水が初めて・疑問だらけの「あなた」を手助け!

水素水のすべて

目的から水素水を選ぶ

安く買う空白健康病気
ダイエット空白美容美肌

水素水をランキングから選ぶ

水素水ランキングバナー
水素水サーバーランキングバナー
水素水サーバーランキングレンタルバナー
水素風呂ランキングバナー
携帯型水素生成器バナー

水素水選びにお悩みなら

サブコンテンツ

このページの先頭へ