保存水素濃度判定試薬の使い方!家庭でも水素濃度を知る方法!

okか

効果の高い水素水を飲もうと思うと、水素濃度が高い水素水を飲むことが重要になります。しかし難しいのが実際に水素が入っているのかどうかは、飲んでもわからないというところです。水素が入っていないのに水素水として販売されていても気づくことはできないのです。

もちろん、現在市販されている水素水で水素が入っていないのに水素水として販売されているものは非常に少ないのも事実です。ただ、できることなら本当に水素が入っているかどうかを自分の目で確かめてみたいと思うのではないでしょうか。

そんな方には朗報です。実は水素水に水素が含まれているかは家庭でも調べることが可能です。

水素水の水素濃度を調べる保存水素濃度判定試薬

保存水素濃度判定試薬実は保存水素濃度判定試薬というものを利用することで、水素水に水素が含まれているのかを知ることができます。写真の通り、試薬と専用の容器がセットになっています。

【使い方】

  • 水素水を容器に入れる
  • 保存水素濃度判定試薬(青色の液体)を1滴ずつ垂らす
  • 透明になれば水素あり・透明にならなければ水素無し
  • 1滴あたり0.1ppm相当

使い方は非常に簡単で、水素濃度を測りたい水素水を専用の容器の黄色い線まで入れたら、保存水素濃度判定試薬を1滴ずつ垂らしていくだけです。何滴透明になったかで、水素水の濃度が分かります。

水素試薬の例

保存水素濃度判定試薬の利用映像

※動画としては非常に分かりやすいため例を出しましたが、通常気圧の水素飽和濃度が1.6ppmであるため、家庭で実験した際に保存水素濃度判定試薬が16滴透明になることはあり得ないと考えらえれます。この動画は水素を補てんした直後に撮影されたものと考えられます。

保存水素濃度判定試薬の注意点

デメリット
1滴あたり0.1ppmで計算と述べましたが、0~0.2ppmの誤差が生まれてしまいます。なぜ0.2ppmの誤差が生まれるかというと、水素水に含まれる保存酸素の影響となります。

保存酸素とは水中に含まれる酸素のことであり、保存酸素の影響で保存水素濃度判定試薬がうまく働かなくなる可能性があるのです。

そのため、家庭での測定の際は保存酸素の誤差0.2ppmがあるかもしれない(必ずあるわけではありません)ということを覚えておきましょう。正確に測りたい場合は、保存酸素を抜いて測定しなければならないのですが、専門機関等に頼まなければ実現できません。

水素水サーバーで作った水素水は保存水素濃度判定試薬では測れない

保存酸素濃度の関係から、水素水サーバーで作った水素水の濃度は測れません。なぜなら、水素水サーバーは電気分解で水素水を作るため、水中に酸素が大量に残ってしまうからです。

⇒水素水サーバーで作った水素水が試薬で濃度を測れない理由は?

保存水素濃度判定試薬の有効性

保存水素濃度判定試薬は研究論文も発表されており、水素濃度を測定する上で非常に確かに実績を誇る商品です。研究論文自体は英語で書かれているため、私たちが見ても分かりませんが、公開されている論文では図も使って説明されており、確かに保存水素濃度判定試薬の利用方法と効果が証明されているようです。

もし、英語に強く興味がある方は参照しみてみください。

⇒研究論文はこちら(英語)

当サイトの指針

当サイトでは実際に水素水を購入し保存水素濃度判定試薬で水素水に本当に水素が含まれているのかを検証していきます。また、私だけでなく他の人の測定結果も収集したうえで、商品個体による差がないのか、きちんと水素が含まれているのかを検証していきます。

実際に濃度を測った水素水の濃度や、濃度を元にした水素水の選び方を詳しく解説しています。

⇒保存水素濃度判定試薬で実際に濃度を計測した水素水比較ランキング

参考になったら、友達にシェアしてみませんか?

水素水体験談

水素水の体験効果 2人の体験談

水素水が初めて・疑問だらけの「あなた」を手助け!

水素水のすべて

目的から水素水を選ぶ

安く買う空白健康病気
ダイエット空白美容美肌

水素水をランキングから選ぶ

水素水ランキングバナー
水素水サーバーランキングバナー
水素水サーバーランキングレンタルバナー
水素風呂ランキングバナー
携帯型水素生成器バナー

水素水選びにお悩みなら

サブコンテンツ

このページの先頭へ