高濃度は嘘?水素水の水素濃度の限界を知ろう!

限界は

水素水はやはり高濃度がよい、ということは間違えないのですが皆さん濃度について正しい知識をお持ちでしょうか。現在販売されている水素水には必ずといっていいほど水素濃度の表記はついています。

そのため、ついつい濃度だけを確認して購入に踏み切ってしまうということもあるかと思いますが、正しく理解した上で購入しないと後で公開してしまうかもしれません。

水素の飽和濃度

皆さん飽和濃度という言葉を昔理科の授業で習ったことを覚えているでしょうか。飽和濃度とは、水に溶ける限界の濃度のことを指しています。

水素の飽和濃度は1.6ppmといわれています。

ちなみにppmとは1/100万という単位で1mg/1ℓということになります。つまり、水素は限界まで溶かしたとしても1ℓの水素水の中に1.6gしか存在しない、ということになります。

参考:ppmとpHの違いとは

飽和濃度を超える水素を溶かすことも可能

consaru

理科の実験では食塩がどこまで水に溶けるか実験したのではないでしょうか。ある一定量を超えると食塩は水に溶けず水中に固形で残っている、という状態になったと思います。

ただ、実験では飽和量を超える食塩を溶かすことも実施したと思います。温めると食塩は解けましたよね?

つまり、飽和量とは熱によって変わってくるということです。その他にも圧力をかけると溶ける量が増えていきます。

しかしあくまでも、熱(圧力も関係しています)が高ければ溶けるというだけであって、冷えてしまったら、溶けません。つまり一度溶かしたとしても、常温になる過程で余りとして排出されてしまうということです。

水素水の高濃度(1.6ppm以上)は嘘なのか?

shoujonoodoroki

現在は様々な水素水が販売されていて、商品説明を見ていると1.6ppmを超える商品もよく見かけると思います。

これまでの説明を理解いただけると、ご想像がつくかもしれませんが、メーカーが公表している水素の濃度は「水素を補てんした時点」での濃度なっています。

何が言いたいのかというと、水素を補てんした時点では「高圧力」をかけて水素を溶かしているので、1.6ppm以上の水素水が出来上がっている、ということです。

1.6ppm以上の水素水でも飲むときには1.6ppm以下

補填した時点で水素の濃度は1.6ppmを超えていても、私たち消費者が飲むころには1.6ppm以下になっています。

何故なら、商品ができた後は通常の温度と圧力になっているので、溶けていられないからです。実際に私の手元に届いた水素水の濃度を測っていますが、すべて1.6ppm以下の濃度になっています。

⇒濃度実測した水素水を比較・ランキング

水素の濃度はどれくらいが効果的?

疑問

そもそも、水素水の濃度ってどれくらいが効果的なのでしょうか。

水素水は高濃度でなければ意味がない、という風潮・意見もよく見られますが、高濃度の定義が微妙だったりします。

一応、高濃度というか効果的といわれている水素水の濃度、ついでなので飲む量も一緒にお伝えしておきます。

【水素水の濃度と飲む量】

  • 0.8ppm~1.0ppm
  • 1日300ml~500ml

⇒水素水の濃度と効果の関係

これらの値は、日本医科大学の太田教授の著書に書かれていた値を参考にしています。異を唱える方もいますが、日本で水素に最も詳しいのは、日本医科大学の太田教授だと思うので、信用できると思います。

日本医科大学の太田教授は、2007年に世界で初めて水素が活性酸素を無害にすることができる、という論文を発表した方です。今でも、水素の研究をしています。

⇒太田教授の歴史

まとめ

高濃度な水素水についてお伝えしてきましたが、水素水の販売ページに書かれている水素水の濃度は決して嘘というわけではありません。

しかし、現実的に私たちが飲む時点の水素の濃度はもっと低いということを覚えておかなければなりませんね。

そのため、水素水を選ぶのであれば実際に飲む時点でいくらくらいの濃度になっているのか、を重視して選ぶようにしましょう。私自身も薬局で購入した水素水の濃度を計測したら、水素がほとんど入っていなかった、なんてこともあるので、商品選びは大切です。

⇒水素濃度を実測した水素水比較ランキング

参考になったら、友達にシェアしてみませんか?

水素水体験談

水素水の体験効果 2人の体験談

水素水が初めて・疑問だらけの「あなた」を手助け!

水素水のすべて

目的から水素水を選ぶ

安く買う空白健康病気
ダイエット空白美容美肌

水素水をランキングから選ぶ

水素水ランキングバナー
水素水サーバーランキングバナー
水素水サーバーランキングレンタルバナー
水素風呂ランキングバナー
携帯型水素生成器バナー

水素水選びにお悩みなら

サブコンテンツ

このページの先頭へ