水素水は臭い?傾向と対策は?ニオイと味が気になる方必見!

水素水が臭い、という話をどこかで耳にしたことがる人もいるかもしれません。

水素水は本当に臭いのか、臭いのであればどのような理由から臭いのでしょうか。

水素水は臭いのか?

ニオイ

まず初めに申しておくと、水素水は臭くありません。

  • 水素に味はない
  • 水素にニオイもない

水素水とは水素分子が溶けただけの水です。

水素水

そのため、水本来の味・ニオイ以上の味もニオイもしないのです。つまり、水素の影響で「臭い」ということはないといってよいでしょう。

それでも水素水が臭いと感じる

ただし、人によっては水素水が臭いと感じる人もいないとは言い切れません。少なくても、私が飲んできた水素水は「ニオイ」や「味」が気になったことがありませんが、絶対に・・・とは言い切れません。

もし臭いと感じるのなら、こんな原因を疑ってみましょう。

  • 水素水に使われている源水をチェック
  • 賞味期限が切れていないかチェック

基本的に水素水の水は、しっかりとした天然水でできているので、臭いということはないと思います。ただ、それでも水素水が臭いと感じるのなら、源水自体の味やニオイを疑うしかありません。

あとは、賞味期限もチェックしておきましょう。水素水は真空パックになっているので、未開封であれば味やニオイに変化がある、ということはありません。水素が抜けている可能性はありますが・・・。

とはいえ、メーカー側が保証している期間を過ぎて、味やニオイに不満があっても文句はいませんので。

注意:開封したらすぐ飲み切ろう

水素水に限った話ではありませんが、水素水を開封したらすぐに飲み切りましょう。開封したことにより、細菌などが入り込んで、味やニオイに悪影響を与える可能性は0ではありません。

水素水の場合は、開封すると水素が逃げやすくなるので、なおさら早めに飲みましょう。

開封してすぐに飲み切らないなら

それでもどうしても、開封後すぐに飲み切らない、ということがあるなら、できるだけ真空状態にして保存するようにしてください。真空状態なら、最近は入り込みにくく、水素のみ逃げにくくなります。

水素水サーバーの場合は臭い可能性もあり

水素水サーバーで水素水を作った場合は、臭い水素水が出来上がる可能性はあります。

  • 電気分解するための金属部分の劣化
  • 電気分解によりpHが変化

水素水サーバーの場合は、飲料水を直接電気分解するようなタイプの商品の場合、金属と飲料水が触れているため、金属の劣化がそのまま「味」や「ニオイ」に影響を与える可能性があります。金属部分を常に清潔に保ちましょう。

また、電気分解により水素だけでなく「水素イオン」「水酸化イオン」が発生するので、pHが変化し「アルカリ性の水素水」が出来上がる場合があります。pHの変化により「臭い」と感じる人もいるかもしれません。

臭い水素水を作りたくないなら

飲料水を直接分解しないタイプの水素水サーバーを選べば、ここまでにご説明したようなリスクを取り除くことが可能です。飲料水に水素ガスを添加するタイプの商品です。

どのような方法で水素水を作り出すかというと、こんなイメージです。

【水素水を作るイメージ】
分離生成型の説明
出典:水素水サーバールルド販売サイト

水から水素を発生させるのは変わりありませんが、飲料水ではなく「別の水」を利用して水素を発生させ、飲料水に水素ガスを混ぜて水素水を作ります。

このような、水素ガスを添加するタイプの商品は、私が知る限りでは多くは販売されておらず、以下2商品くらいです。ルルドの方がコスト面ではお勧めですね。

水素水サーバールルド詳細
水素水サーバーラブリエリュクス詳細

まとめ

水素水が臭い、ということは基本的にはありませんが、考えられるケースをお伝えしました。水素水販売サイトには、源水が書かれているので、購入前にチェックしてみるとよいかもしれませんね。

ただ、これから水素水を始めようと考えているあなたは、まずはニオイより前に覚えることがあります。水素水の選び方ですね。商品選びを間違えると、水素が入っていない・・・なんてこともあり得るので注意しましょう。

⇒初心者でも失敗しない・水素水の選び方

参考になったら、友達にシェアしてみませんか?

水素水体験談

水素水の体験効果 2人の体験談

水素水が初めて・疑問だらけの「あなた」を手助け!

水素水のすべて

目的から水素水を選ぶ

安く買う空白健康病気
ダイエット空白美容美肌

水素水をランキングから選ぶ

水素水ランキングバナー
水素水サーバーランキングバナー
水素水サーバーランキングレンタルバナー
水素風呂ランキングバナー
携帯型水素生成器バナー

水素水選びにお悩みなら

サブコンテンツ

このページの先頭へ