えごま油が大人気!人気の理由は抗酸化力?水素よりすごいの?

えごま油

近年、えごま油の人気が急上昇中なことをご存知でしょうか。特に2016年に入り爆発的に流行を見せています。

えごま油の人気の一つは抗酸化力です。では、えごま油の抗酸化力は水素水に比べてどうなのか、その他にどのような効果があるのか、確認していきましょう。

えごま油とは

まず、えごま油がどのようなものなのか、簡単に確認していきましょう。

エゴマ

えごまとは「シソ科の植物」であり、えごま油は、えごまの種から採取された植物油です。

植物油は何となく体に良いものとして、皆さんの中にもイメージがあるのではないでしょうか。代表例は「オリーブオイル」であり、体に良いからオリーブオイルは摂取してよい、というのが一般的な見解となりつつあります。

参考にオリーブオイルが体に良いといわれている理由を、簡単にピックアップしておきます。

【オリーブオイルが体に良い理由】

  • オレイン酸配合で血液をサラサラにする効果
  • ポリフェノール・ビタミン類配合で抗酸化力が高い

えごま油が注目の理由・効果効能

注目の理由
では、本題のえごま油が近年注目されている理由に移りましょう。

【注目の理由】

  • αリノレン酸配合
  • 「ロズマリン酸」というポリフェノール配合

実はオリーブオイルが体に良い理由とほとんど一緒です。それぞれの効果を簡単に確認していきましょう。

①αリノレン酸の摂取

まず、αリノレン酸とは聞きなれない言葉かもしれませんが、脂肪酸の一種です。少し小難しいのですが、まずは脂肪酸の概要図をご覧ください。

必須脂肪酸の種別

図中の必須脂肪酸とは、体内で作り出すことができない脂肪酸のため、必須脂肪酸は食物から摂取する必要があるといわれています。

しかし、私たちの普段の食生活は「ω-6系の脂肪酸」は大量に摂取できているが、「ω-3系の脂肪酸」は摂取できていない」状態です。普段利用している食用油がω-6系脂肪酸ばかりなので、自然とω-3系脂肪酸が摂取できなくなってしまっています。

【ω-3脂肪酸不足で発生する代表的な症状】

  • 生理不順
  • 過食
  • 集中力低下・情緒不安定
  • 肌荒れ・ニキビ

ここまで説明すると、何となくお分かりいただけたかと思いますが、えごま油に含まれる「αリノレン酸はω-3系の脂肪酸」です。つまり、私たちに足りていない脂肪酸を摂取できるため、注目されているんですね。

②「ロズマリン酸」というポリフェノール配合

ロズマリン酸はポリフェノールの一種で、特にアレルギーへの効果が高いということで有名です。

ロズマリン酸の作用でよく知られているのはアレルギー症状を抑える作用です。以前よりシソがアレルギーを軽くすることが知られていましたが、これはロズマリン酸の抗酸化作用によるものです。
引用元:http://kirei.ohana-batake.net/002_/ent153.html

引用部分に記載がある通りアレルギーへの効果が高いというのは「抗酸化作用によるもの」と考えれています。

ポリフェノールは、近年ワインで注目を集めたのは記憶に新しいところかと思いますが、注目の理由はやはり「抗酸化力」でした。

抗酸化力とは「カラダの錆びに抵抗する力」であり、体を錆びつかせる元凶である「活性酸素を撃退する力」ともいえるものです。活性酸素は、様々なものを酸化する力を持っていて、肌の潤いに関係するコラーゲンを破壊したり、血行不良の元凶である過酸化脂質を作り出したり、と非常に恐ろしい性質を持っています。

しかし、活性酸素のすべてが「悪」というわけではなく、中には善良な活性酸素も存在します。

⇒活性酸素とは?

そもそも、活性酸素は外敵から身を守るために発生するものであり、酸化の力を利用して細菌や有害物質から体を守る役割も持っているからです。

とはいえ、年とともに活性酸素から体を守る抵抗力(SOD酵素)は衰えていくため、活性酸素除去できる物質を体外から摂取することが「肌や体のために良い」といわれているんですね。

⇒SOD酵素とは?

えごま油が2016年になって急激に注目されている理由

グーグル検索数や楽天の商品ランキングを見ていると、突如として「えごま油」が増えてきました。

【グーグル検索数】
えごま油の検索数

1月の検索数が4とすると2月は5日時点ですでに100となっています。約25倍と凄まじい勢いですね。

確かに健康や美容に良いというのは、先ほどの説明でご理解いただけたかと思うのですが、何かきっかけがあるのではないかと思い、調べていたところ、おそらくTV番組の影響ではないか、と推測できました。

2/1(月)『私の何がイケないの?』でえごま油が登場

ものまねメイクで人気の「ざわちん」さんがえごま油を夜に飲むだけで、肌年齢が―10歳・体重が―5kgになった、というのが特集されたのです。

残念ながらyoutubeなどの映像はありませんでした。

番組で特集(企画)された内容を簡単にまとめさせていただきます。

【企画内容】

  • ざわちんがロボスキンアナライザーで肌年齢を調べたところ36.5歳(実年齢23歳)
  • 毎日一ヶ月大さじ1杯(12ml)を摂取し続ける
  • 結果肌年齢が26歳に改善し体重も5kgも減った

という驚きの効果を発揮したのです。これは驚きの効果ですね。

番組内では、えごま油を摂取することで、ω-3系の脂肪酸摂取量が増え血行不良が改善された点、また、血行不良改善により老廃物が外へ出やすくなり、肌がきれいになった、と解説されています。

水素水と比較すると

水素水
水素水も肌に良い、抗酸化力が強いということで非常に有名ですが、いったいどちらが優れているのでしょうか。水素水の効果は、活性酸素の還元であり、他の抗酸化物質よりも除去力が高いという点です。

水素は非常に小さい物質のため、他の物質よりも体の隅々に浸透することができ、非常に高い効果を発揮するといわれています。

⇒水素の抗酸化力比較

しかし、水素水には、えごま油に含まれる「αリノレン酸(ω-3脂肪酸)」の摂取効果は期待できません。水素と水しか含まれていませんからね。

そのため、どちらが優れている、というわけではなく役割が少し違う、というのが正解でしょう。

まとめ

今注目を集めているαリノレン酸と水素水を比較してみましたが、それぞれ特徴があるものでした。

  • 水素:抗酸化力が随一
  • えごま油:αリノレン酸の摂取と抗酸化力

確かにえごま油の効果も凄そうですが、実際に水素水を使っていても非常に高い効果を実感できているので、その効果も注目してみてくださいね。

⇒【写真付き】実際に水素水を利用していて体感している効果

参考になったら、友達にシェアしてみませんか?

水素水体験談

水素水の体験効果 2人の体験談

水素水が初めて・疑問だらけの「あなた」を手助け!

水素水のすべて

目的から水素水を選ぶ

安く買う空白健康病気
ダイエット空白美容美肌

水素水をランキングから選ぶ

水素水ランキングバナー
水素水サーバーランキングバナー
水素水サーバーランキングレンタルバナー
水素風呂ランキングバナー
携帯型水素生成器バナー

水素水選びにお悩みなら

サブコンテンツ

このページの先頭へ