口コミ良好の水素水生成器マジックシェイクは買う前にこれを見ろ!

ハンディー型の水素水生成器として口コミ評判も高いマジックシェイクですが、値段も手ごろですぐにでもほしくなってしまいませんか。

そんなあなたに、購入前にしっかりと商品を見極めていただきたく、口コミ人気の理由とデメリットがないのかお伝えしたいと思います。

水素水生成器マジックシェイクとは?

マジックシェイク

ペットボトルなどに入った水を水素水に変えてくれる、という水素水生成器です。写真でご覧いただいた通り、ペットボトルの上から差し込みスイッチを押すだけです。

【商品概要】

  • 値段:17,798 円(税込み・最安値)
  • 水素生成時間:3分
  • 水素濃度:0.08ppmを目安

水素水生成器マジックシェイクの水素濃度について

水素水を作り出す生成器なので、水素濃度がやはり気になります。実は公式サイトでも水素濃度に関する見解が出ていますので、ご紹介いたします。

分子状水素医学研究会では0.08ppm以上の濃度が生体に何らかの効果を及ぼす濃度としており、マジックシェイクはその基準を目安にしています。
出典:http://www.antibacjapan.com/

分子状水素医学研究会は水素の第一人者である太田教授が会長を務める協会ですが、太田教授の著書では水素水の目安は0.8ppmと述べています。

2016-02-15 15.41.11

そのため、一ケタ間違えて書いてあるのか、とも考えましたが、以下のような質疑も出ています。

Q:市販の溶存水素濃度判定試薬でマジックシェイクで作った水素水を測定しましたが、色が変わりませんでした。本当に水素は出来ているのでしょうか?

A:メチレンブルーの試験薬につきましては、白金ナノコロイドを触媒として水素濃度を測定する方法で、酸化還元電位と同様に配合されている金属やpHに影響されやすく、水素濃度を正しく示さないケースがあり、あくまでも一つの指針としての測定方法になります。
出典:http://www.antibacjapan.com/

メチレンブルーの試薬は1滴あたり0.1ppmで測定するため、0.1ppm以上の水素水でないと測定てきません。また、水素生成器は電気分解して水素を作っているため、水中に酸素が含まれます。

メチレンブルーは酸素が含まれた水では0.2ppm程度の誤差を出す、といわれているので、質問を投げかけた方がマジックシェイクで作った水素水の水素濃度は0.2ppm程度と考えられます。つまり、最初に目安にしていると述べていた0.08ppmは間違えではないでしょう。

マジックシェイクの水素濃度
出典:http://www.antibacjapan.com/

こちらのサイトの公開表示によると、0.1ppm~0.5ppm程度の水素水が完成することが分かります。

まとめ

マジックシェイクでできる水素水はどのようなものか、確認できたかと思います。この結果を、どうとらえるかはあなた次第ですが、まずは水素水について学んでから判断してみても遅くはないかもしれません。

最初に学ぶなら水素水の選び方を知ってみると、マジックシェイクを買うか・買わないか、判断しやすくなるかと思います。

⇒初心者でも失敗しない・水素水の選び方

参考になったら、友達にシェアしてみませんか?

水素水体験談

水素水の体験効果 2人の体験談

水素水が初めて・疑問だらけの「あなた」を手助け!

水素水のすべて

目的から水素水を選ぶ

安く買う空白健康病気
ダイエット空白美容美肌

水素水をランキングから選ぶ

水素水ランキングバナー
水素水サーバーランキングバナー
水素水サーバーランキングレンタルバナー
水素風呂ランキングバナー
携帯型水素生成器バナー

水素水選びにお悩みなら

サブコンテンツ

このページの先頭へ