水素水用アルミボトルは買うな!水素を逃がさないという幻想!

水素水が注目を集めるようになってきた中、水素水関連商品が非常に増えてきました。その一つに、水素水用のアルミボトル、という商品もあります。

しかし、水素水用のアルミボトルですが、購入には注意が必要です。何故、購入注意というのでしょうか。

水素水アルミボトルとは?

アルミボトル

水素水を持ち運べるようにと作られた、アルミ製のボトルとなります。用途としては、家庭のサーバーで作った水素水や、ジムなどに設置されている水素水サーバーの水素水を持ち運ぶためのものですね。

ペットボトルに入れればよいじゃないか、と思うかもしれませんが、ペットボトルは気密性が低く、水素はすぐに逃げてしまいます。水素というのは宇宙で最も小さい物質である、といわれるくらいの小ささなので、非常に逃げやすいのです。

水素水アルミボトルを買うなという理由は?

しかし、この水素水アルミボトルだからといって、水素水の水素を閉じ込めておくことができるかどうか、非常に難しい部分があります。ルミ缶で販売されていた、水素水に水素の含有量が少なかった、という問題点があったからです。

週刊文集編集

ご覧いただいたのは週刊文春で公開された水素濃度の実測結果です。赤枠の部分は「ペットボトル」「アルミ缶」でできた水素水の調査結果ですが、アルミパウチ缶タイプの水素水に比べて、水素濃度が低いことが分かります。

もちろん、元々の水素水の濃度に差はあるかもしれませんが、水素を閉じ込めておくのには、アルミパウチが最適と考えるの自然な流れでしょう。事実、水素水として販売されれている商品の多くが、アルミパウチタイプで販売しています。

自分で水素水をボトルに注ぐ必要がある

これだけで水素水ボトルを購入するな、というのは少し乱暴かもしれませんが、機械によりパッケージングされた水素水ですら、水素は逃げ出している、という事実があります。

一方、この水素水ボトルは自分の手で水素水を閉じ込める必要があります。

機械でやっても逃げていくのですから、人間の手作業でやれば、より密封できる可能性が少なくなる、というのは想像できるのではないでしょうか。

水素水を外で飲む必要性があるか?

また、もう一点考慮すべき点は、水素水を外で飲む必要性があるのかどうかです。水素第一人者である日本医科大学の太田教授は著書の中で以下のように語っています。

  • 水素水は1日1回飲めばよい
  • 1回で飲む量は300ml~500ml程度

1日1回水素水を飲むのであれば、外で飲む必要性はグーンと下がるのではないでしょうか。毎日家に帰らない、という人はそれほど多くないと思います。

外出先などに水素水を持ち運びたいのなら

毎日ではなくても、旅行などでしばらく家を空ける時でも、水素水を飲みたいな、と思うかもしれませんね。

旅行など、不定期に家を空けるタイミングがあり、水素水を持ち運んで飲みたいのであれば、アルミパウチタイプで販売されている水素水を購入して、持ち運ぶのが最も確実だと考えられます。

しかし、水素水アルミボトルを利用したい、とお考えの方は水素水サーバーをすでにお持ちの方かもしれませんね。そのため、水素水をわざわざ購入したくないな、お金が勿体ない、と考えるかもしれません。

ただ、考えていただきたいのは、水素水は初回プランが非常に安くなっていることです。水素水サーバーをお持ちだとしても、初回プランの非常に安い水素水であれば、購入への抵抗が減るのではないでしょうか。

⇒水素水初回プランが安いランキング

参考になったら、友達にシェアしてみませんか?

水素水体験談

水素水の体験効果 2人の体験談

水素水が初めて・疑問だらけの「あなた」を手助け!

水素水のすべて

目的から水素水を選ぶ

安く買う空白健康病気
ダイエット空白美容美肌

水素水をランキングから選ぶ

水素水ランキングバナー
水素水サーバーランキングバナー
水素水サーバーランキングレンタルバナー
水素風呂ランキングバナー
携帯型水素生成器バナー

水素水選びにお悩みなら

サブコンテンツ

このページの先頭へ