水素水を外出先でも自宅でも両方で飲む3つの方法比較!

水を飲む2

水素水を外出先でも飲みたいし、家の中でも飲みたいし、両方で飲みたいな、と考えたとき、どうするのが良いのでしょうか。

どんな方法があって、それぞれのメリット・デメリットをまとめてみました。

外出先でも家の中でも水素水を飲む方法

外出先でも家の中でも水素水を飲む方法は大きく3つに分かれると思います。

【水素水を外と家の両方で飲む方法】

  • 既製品の水素水を飲む方法
  • 自宅の水素水サーバーで水素水を作り持ち運ぶ
  • 携帯型の水素水生成器を自宅と外の両方で使う

こんな3つですね。では、それぞれどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

①既製品の水素水を飲む

浸みわたる水素水

既製品の水素水は水素水としてパッケージ化されて販売されているもののことです。

もちろん、既製品の水素水は家で飲んでもよいですし、持ち運んで飲んでもよいので、家でも外でも飲むことが可能です。では、どんなメリットデメリットがあるのでしょうか。

【メリット】

  • 外出先にも持っていくだけで飲めるので楽
  • 家でも空けるだけで飲めるので楽

【デメリット】

  • 一度開けたら飲み切った方がよい(水素が抜ける)
  • 長期的に見ると価格が高くなる(サーバーに比べて)

既製品ならではの手軽さが非常に魅力といえると思います。家でも外でも空けて飲むだけなので、とっても手軽ですね。

一方で、開けたら飲み切るのが原則です。水素は非常に逃げやすい物質なので、できるだけ密封しなければならないですからね。もしも、飲んでる途中で保管したくなったら、容器の中を真空状態になるように押し出し(アルミパウチの場合)蓋をするのが良いでしょう。

ただし、飲み切ることが基本原則なので、特に外でも飲む場合は容量が少なめの水素水を選ぶのが良いと思います。既製品の水素水は200ml~500mlまでいろいろあるので、家外両方で飲むなら200mlタイプの水素水がいいでしょうね。

200mlタイプだと伊藤園から販売されている「高濃度水素水」が良いかと思います。

伊藤園高濃度水素水

200mlの飲みきりサイズ!伊藤園 高濃度水素水の詳細を確認してみる

②自宅の水素水サーバーで水素水を作り持ち運ぶ

ガウラミニ

自宅に水素水サーバーを置いておいて、家ではサーバーから水素水を取り出して飲み、外で飲むときには容器に入れて持ち運ぶ、というのも方法の一つです。

外に持ち運ぶための容器は、何でもよいというわけではありません。ペットボトルでは水素を閉じ込めておくことが、ほとんどできないので、最低でもアルミ容器を利用する必要がありますね。

しかし、アルミ容器でも密封しきるのは難しく、できればアルミパウチの容器を利用するのが良いでしょう。水素水持ち運び用の商品はいろいろ販売されていますが、もしも購入するのであれば、「アルミボトルではなくアルミパウチ」型の商品を選ぶと、より保存性が高くなります。

購入するのが面倒なら、通販水素水を購入して、空き容器を水素水容器として利用するのが安くて効率的かもしれません。最安500円で7本の水素水も販売していますからね。

7本500円で購入できるアルミパウチ容器の水素水詳細

では、水素水サーバーを外と家の両方で利用するとどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

【メリット】

  • 長期的なコストメリットがある
  • 好きな時に好きな量だけ水素水を飲むことができる

【デメリット】

  • 購入費用が高額
  • 持ち運び用の容器が必要

水素水サーバーはコストメリットがあるのが最大の魅力といえると思いますね。既製品を買うよりも圧倒的に安く飲み続けることができます。

通販水素水と水素水サーバーの比較

一方で、いきなり高額の水素水サーバーを購入するのは、経済的負担が大きい、覚悟が必要、というのがデメリットです。あとは、持ち運び用の保存容器の購入が必要なのも少し面倒ですね。

とはいえ、やはり長期的なコストメリットは大きいので、水素水サーバーを利用した方がお得なことはお得です。一気にお金が払えるなら、サーバー購入の方が良いですね。

購入検討中の方は、値段や性能もピンキリなので、いろいろ比較して慎重に選んでください。

水素水サーバーランキング

③携帯型の水素水生成器を自宅と外の両方で使う

バンビ

最後は携帯型の水素水生成器を利用するという方法です。水素水商品は多様化していて、携帯型の水素水生成器というものも登場しているんです。

携帯型なので持ち運ぶことも可能ですし、もちろん家の中で使うことも可能です。

ではどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

【メリット】

  • いつでもどこでも飲むことができる
  • 水素水サーバーに比べて価格が安い

【デメリット】

  • 水素水生成に時間がかかる
  • 水素水の濃度が低いものが多い

メリットはいつでもどこでも好きな時に水素水を作って飲むことができることですね。また、価格も水素水サーバーに比べて安めになっています。

一方で、水素水を作るのに時間がかかるので、飲みたいその瞬間には飲むことができません。商品にもよりますが10分くらいかかるものが多いですね。濃度も低いのものが多いですが、最近は高濃度な商品も出てきたので、商品次第では濃度の問題は回避できます。

携帯型の水素水生成器は、かなり濃度や性能に差があるので、商品比較をしっかりしてから購入した方がいいですね。

携帯型の水素水生成器ランキング

まとめ

全部で3種類の方法を紹介してきましたが、あなたに合った方法は見つかったでしょうか。私なら③の携帯型の水素水生成器購入がいいかな、と思いますが、あなたのライフスタイルによって変わってくると思うので、よく検討してみてください。

参考になったら、友達にシェアしてみませんか?

水素水体験談

水素水の体験効果 2人の体験談

水素水が初めて・疑問だらけの「あなた」を手助け!

水素水のすべて

目的から水素水を選ぶ

安く買う空白健康病気
ダイエット空白美容美肌

水素水をランキングから選ぶ

水素水ランキングバナー
水素水サーバーランキングバナー
水素水サーバーランキングレンタルバナー
水素風呂ランキングバナー
携帯型水素生成器バナー

水素水選びにお悩みなら

サブコンテンツ

このページの先頭へ