水素水がアトピー性皮膚炎改善に効果がある!?

アトピー

水素水の効果はその高い還元力が注目を集めています。活性酸素が体内の様々なものを酸化させる力を持っていますが、水素水はその活性酸素を除去する力に優れているためですね。

この活性酸素によりもたらされる病気や体調不良は多くのものがあり、アトピー性皮膚炎もその一つと考えられています。

アトピー性皮膚炎の原因・活性酸素との関係

アトピー性皮膚炎は子供が発生しやすいというイメージがあったかと思いますが、近年は大人になっても悩む方が多くなってきています。

近年多くの大人もアトピー性皮膚炎に悩むようになった要因の一つとして大気汚染や排気ガスなどの有害な物質は世の中にあふれてきたことが一つの原因といわれています。

では具体的にはどのような原因で発生しているのかを解説いたしますが、まだアトピー性皮膚炎の完全な原因究明がされているわけではなく、諸説あることをご理解ください。

近年、アトピー性皮膚炎の原因として考えられているのが過酸化脂質です。

近年の研究でアトピー性皮膚炎の症状に悩まされている方の抗酸化物質を活性させる力が著しく弱いことからも原因の一つとして間違えないといわれています。

過酸化脂質が増えることで起きる症状としては血行不良が考えられます。当サイトでも活性酸素と過酸化脂質、そして血行不良の関係性について説明しておりますので、よろしければご参照ください。

⇒血行不良と活性酸素の関係、水素水の効果はこちら

このように過酸化脂質が血行不良の原因となり血行不良になると血液を押し出そうと体が無理をしてしまいます。

この「無理」をする際に、血液中に含まれるヒスタミンというアレルギー性物質が体外へ押し出され、皮膚表面でアレルギー反応を起こしアトピー性皮膚炎になっているのではないかといわれています。

また、過酸化脂質は皮膚表面の保湿機能をダウンさせる原因でもあり肌は乾燥しやすくなり、アトピー性皮膚炎をさらに悪化させてしまうとも考えられているのです。

副交感神経も関係

副交感神経は、自律神経と呼んでいる神経の一種です。副交感神経の反対が交感神経で、それぞれ副交感神経は「リラックスの神経」、交感神経は「緊張の神経」と覚えておくと、よいでしょう。

アトピーの原因の一つは副交感神経を優位な状態だといわれています。副交感神経優位とは交感神経より副交感神経が多く働いている状態です。

副交感神経と交感神経は対の存在ですが、どちらかが働いているときは、どちらかが休んでいる、というわけではありません。

実は1日のサイクルの中で、交感神経と副交感神経はお互いに働きあっていて、時間帯により、どちらかの割合が高い、つまりどちらかが優位、な状態を作り出しています。

自律神経

副交感神経は、先に述べた通りリラックスの神経です。そのため、分かりやすい例でいうと夜寝ている間は副交感神経が非常に優位な状態になっています。

では、なぜ副交感神経が優位な状態であると、アトピーになりやすいのでしょうか。

副交感神経は何度も述べていますが、リラックスの神経です。つまり副交感神経が優位ということはリラックスしているということです。

一見すると、良い状態のようですが、裏を返せば刺激に弱い状態ということです。

アトピー性皮膚炎とはアレルギー症状の一種です。そしてアレルギー症状とは、体が異物などに対して過剰に反応した反応です。

ここまで、理解すると副交感神経優位の状態がアレルギー症状・アトピー性皮膚炎を発症しやすいという理屈が理解できるのではないでしょうか。

子供のころに発生しやすい原因は?

上記説明だけでは子供に発生しやすい理由がつながらないとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。子供のころにアトピー性皮膚炎が多く起きる理由としては、特に15歳までは副交感神経が過剰に反応しやすいためといわれています。

これは子供の体の構造上、仕方のないことです。

副交感神経は体内のリンパ球が関係しています。逆に交感神経を動かすのが顆粒球です。子供のころは顆粒球が少ないのですが、中学校を卒業する辺りで、顆粒球の数が多くなり、副交感神経と交感神経のバランスがとれるようになってきます。

そのため、子供のころは発症していたアトピーやアレルギー症状は、大人になるとみられなくなるといわれています。

副交感神経の過剰反応は活性酸素との関係性は今のところ成果として発表されているものはあまりありません。

ただし、活性酸素撃退システムが弱ってくる40台以降もアトピー性皮膚炎の症状になる人が増えているので、活性酸素が原因である可能性は非常に高いといえるでしょう。

アトピー性皮膚炎の直接原因

  • ストレス
  • 食品添加物
  • 大気汚染

原因が究明されていないので直接的な原因は様々なものが考えられます。上記のどれもが活性酸素を発生させる要因のため活性酸素との結びつきは深いと考えられます。

医療機関によるアレルギーへの水素水が効果の実証

論文

近年の研究成果としては岐阜国際バイオテク研究所、名古屋大学医学部、理化学研究所の免疫グループの最新の研究成果が発表されています。

その研究によると水素水に含まれている分子状水素が一酸化窒素(NO)と同じように、細胞内のガス状情報伝達系に作用してアレルギー反応を抑制する効果が認められたとのことです。

その他にも数多くの水素水論文が発表されており、今後ますます水素の有効性が注目されていくでしょう。

⇒水素水論文の発表状況

また、その他にもTV番組にて順天堂大学の医師が水素水を用いてアトピー性皮膚炎の治療を行った事例も紹介されています。

⇒順天堂大学でアトピー性皮膚炎に水素を利用?

まとめ

アトピー性皮膚炎については原因が究明されていない部分もまだまだ多い状態です。ただし、アトピー性皮膚炎の症状に悩まされている人の体質や傾向を見ていると活性酸素の影響が多いのではないかといわれています。ただし、いずれも論文レベルであり、正式に認められた効果ではないということは、覚えておいた方がよいかもしれません。

また、アトピー性皮膚炎と類似した原因と考えられるのが、アレルギー症状です。日本人の多くが悩まされるアレルギー症状の代表的な例として花粉症があるかと思いますが、花粉症と水素水の関係性についても当サイトではご説明しておりますので参考にしてください。

⇒水素水が花粉症に効果的な理由

原因が確実に究明されているわけではないので、活性酸素を除去する水素水の力が絶対に効果があるとは言い切れませんが、活性酸素除去がアトピー性皮膚炎改善に悪い効果をもたらすということはありませんので、アトピー性皮膚炎にお悩みの方は是非一試してい見ることを検討してみてはいかがでしょうか。

もし、水素水を始めるのであれば、まずは水素水の選び方から学びましょう。

⇒初心者でも失敗しない・水素水の選び方

⇒水素水比較・ランキング

参考になったら、友達にシェアしてみませんか?

水素水体験談

水素水の体験効果 2人の体験談

水素水が初めて・疑問だらけの「あなた」を手助け!

水素水のすべて

目的から水素水を選ぶ

安く買う空白健康病気
ダイエット空白美容美肌

水素水をランキングから選ぶ

水素水ランキングバナー
水素水サーバーランキングバナー
水素水サーバーランキングレンタルバナー
水素風呂ランキングバナー
携帯型水素生成器バナー

水素水選びにお悩みなら

サブコンテンツ

このページの先頭へ