水素水がダイエットに効果的といわれている理由って?

5kg痩せる

水素水はダイエットにも効果的だ、なんて評判になっています。何故、水素水がダイエットに効果的だといわれているのでしょうか。

ご説明していきます。

水素水がダイエットサポートに効果的といわれている理由

水素水には活性酸素を還元し無害なものへと変える力があるということが、論文で発表されています。

⇒水素水のエビデンス・論文発表内容

基本的な水素水の力は、活性酸素を撃退することと考えられており、具体的な症状への効果というのは活性酸素を撃退することで生まれる付随効果と考えられていますね。

まだまだ、水素水の研究は始まってから日が浅いため、いろいろな論文が発表されているものの、解明しきれていない部分が多いのは事実です。

しかし、ダイエットに関しては人間への臨床実験を含めた論文が発表されています。つまり、明確にダイエットの効果があるといえる状況(正式には国に認められているわけではない)といえるでしょう。

⇒メタボリックシンドロームへの水素水の効果論文
⇒2型糖尿病への水素水の効果論文

水素水がダイエットに効果的といわれている原理

論文内容だけでは少し分かりにくい部分があるため、簡略化して原理をお伝えしましょう。

水素水の効果は活性酸素の無害化であることはお伝えした通りですが、活性酸素を無害にすることが、代謝を改善するといわれているため効果的と考えられています。

活性酸素が発生⇒ミトコンドリアを破壊⇒破壊されたミトコンドリアから活性酸素が発生⇒以降繰り返し

活性酸素が大量に体内で発生してしまうと、上記のような悪循環が生まれます。ミトコンドリアに何の関係があるのか、と多むかもしれませんがミトコンドリアが私たちの体の中でエネルギー代謝を行っている主犯(?)であるため、ミトコンドリアを守らないと代謝が良くなりません。

つまり、水素水で活性酸素を撃退することがミトコンドリアを守ることにつながり代謝が良くなる⇒ダイエットにつながると考えられています。

水素水ダイエットの方法は?

水を飲む2

水素水にダイエット効果があるとすれば、どうすれば水素水ダイエットができるのか、が次に気になることでしょう。

実は非常に簡単で「基本的に水素水を飲むだけ」でいいのです。

いつ?どれくらい?という疑問もあるかもしれませんが、基本的には1日1~2回300ml~500ml程度(0.8ppm~1.0ppm目安)飲めば効果が期待できるといわれています。

⇒水素水の濃度と効果!飲む量は?

とはいえ、実は最も水素水のダイエット効果が高くなる飲み方は・・・というのもあります。飲むだけでも効果は期待できますが、もっと効率的に行いたいなら、お勧めの飲み方です。

⇒水素水ダイエットを最大限にする具体的なやり方・飲み方

年を取るほど水素水ダイエットが効果的?

少しだけ興味深い話をしておくと、年を重ねるについて太りやすくなったと感じる方もいるのではないでしょうか。多くの方が、運動量が落ちたため代謝が悪化し他紙仕方ない、とお考えだと思いますが実は活性酸素も関係しているかもしれません。

活性酸素の除去は体内でもSOD酵素という酵素を生産し実施しています。しかし、SOD酵素の生産量というのは年々少なくなっていき、次第に活性酸素に抵抗する力が無くなっていってしまいます。

SOD酵素の生産量
出典:日本抗酸化協会

特に35歳を境に急激に落ちていくことが分かっています。

⇒SOD酵素とは?

このことから、年を取ると太りやすくなる原因の一つは活性酸素なのではないか、とも考えられます。年齢を重ねた人ほど、水素水によるダイエット効果が期待できるということにもなりますね。

ダイエットに最適な水素水を選ぶには?

水素水をダイエットに利用したいのであれば、それほど悩む必要はなく基本的には濃度が高い水素水(0.8ppm~1.0ppm目安)で選べばよいかと思います。それ以上の効果を求める場合、特別にダイエット向けの水素水も提案しています。

⇒ダイエットにお勧めの水素水は?

とはいえ、初めて水素水を飲むという方はいろいろな商品を比較したり、良い水素水の選び方とかを調べてみてからの方がよいかな、という気もしますね。

⇒初心者でも失敗しない・水素水の選び方
⇒購入して濃度を測った水素水を比較・ランキング

ちなみに、私自身は薬局で水素水を購入してみて濃度を測ってみたところ、ほとんど水素が入っていない商品をつかまされてしまった、という経験もあるので注意してくださいね。

⇒薬局で購入した水素水の濃度を測ってみた結果

参考:ミトコンドリアと代謝の関係

いろいろと水素水と活性酸素との関係やミトコンドリアとの関係、代謝との関係をお話してきましたが、参考までにミトコンドリアがどんな風に代謝を行っているのかをお伝えします。

ちなみに、ここでご説明するのは、代謝は主にエネルギーを作り出す代謝のことですので、新陳代謝とかとは違うので注意してください。

①炭水化物のATP生産(代謝)

炭水化物は「糖質」の塊です。体内に入るとブドウ糖などの「単糖類」と呼ばれるものに分解され、代謝によりATPが生産されます。

糖質の代謝

酵素の働きを表した図ですが、エネルギー生産の仕組みを表しているので、引用させていただきました。

少し小難しいのですが、正確に理解する必要はあまりないのですが、ポイントは「ミトコンドリアがエネルギーのもととなるATPという物質が大量に作っている」ということです。

正確には、ミトコンドリアにわたる前にもATPは生産されていますが、大半がミトコンドリアで作られています。つまり、私たちの体のブドウ糖を燃やしてくれているのは、ミトコンドリアといっても過言ではないのです。

②脂質のATP生産(代謝)

脂質の代謝

脂質の仕組みもほとんど同じです。ただし、覚えておいてほしいのは、脂質は糖質の4倍ものエネルギーを作り出せる、ということです。

脂質を取り過ぎると、ブドウ糖を燃やす前にエネルギーが一杯になり、太りすぎる可能性を秘めているんですね。

③タンパク質のATP生産(代謝)

タンパク質の代謝

タンパク質にエネルギー生産する力があるのは意外かもしれませんが、元々はタンパク質自信が分解されアミノ酸に変わり、アミノ酸が再度タンパク質やホルモンとして構築されるの際の、エネルギーを確保するための仕組みになっています。

タンパク質も取り過ぎると筋肉に変わらず、脂肪になる、なんてことを聞いたことがある方は、納得なのではないでしょうか。

参考になったら、友達にシェアしてみませんか?

水素水体験談

水素水の体験効果 2人の体験談

水素水が初めて・疑問だらけの「あなた」を手助け!

水素水のすべて

目的から水素水を選ぶ

安く買う空白健康病気
ダイエット空白美容美肌

水素水をランキングから選ぶ

水素水ランキングバナー
水素水サーバーランキングバナー
水素水サーバーランキングレンタルバナー
水素風呂ランキングバナー
携帯型水素生成器バナー

水素水選びにお悩みなら

サブコンテンツ

このページの先頭へ