癌の原因と活性酸素の関係性を解説!最新の水素水論文情報も!

活性酸素は様々なものを酸化させる力を持っていますが、もちろんその中には私たちの細胞も含まれています。細胞を酸化させることが癌と深く関係しているのです。

今回は、癌と活性酸素の関係をご説明していきます。

癌のメカニズム・活性酸素との関係

癌細胞イメージ癌の原因は私たちの体の中の細胞の突然変異により生まれています。

突然変異といっても、通常の細胞との違いは2つ~10つの傷の違いです。

たったそれだけで、と思うかもしれませんがたったそれだけの傷が正常な細胞と癌細胞の違いなのです。

たった、それだけの傷で癌細胞になってしまうのであれば、もっと癌が頻発してもよいのではないかと思う方もいるかもしれませんが、人体もそうやすやすと癌にならないための仕組みを持っています。

それが癌抑制遺伝子です。癌抑制遺伝子は私たちの細胞を癌になることを防ごうと、細胞がつくられるときに正常な状態であるかを見張ってくれるのです。

では、癌抑制遺伝子が守ってくれているにも関わらず、どのように細胞に傷がつけられ癌細胞になるかをご説明します。癌となるまでには以下の3工程が存在しています。

①イニシエーション期

察しのいい方ならすでにお気づきかもしれませんが、正常な細胞に傷をつける犯人が活性酸素です。細胞は日々入れ替わっていることをご存知の方も多いかと思いますが、細胞の入れ替えは遺伝子により行われています。遺伝子は設計書であると考えていただけるとイメージしやすいかと思います。

実はこの設計書(遺伝子)の破壊を行うのが活性酸素です。冒頭の説明でもお分かりの通り活性酸素にはあらゆるものを酸化させる力を持っています。それはもちろん、遺伝子にも当てはまるのです。

遺伝子という設計書が破壊された状態で細胞が生まれ変わろうとすると、もちろん細胞もおかしな状態で生まれてしまいます。このようにして、癌細胞のひな形が生まれてしまうのです。

もちろん、先述の癌抑制遺伝子がこの設計書の破壊を阻止しようと頑張ってくれています。ただ、活性酸素が癌抑制遺伝子に打ち勝ってしまうと傷物の細胞が生まれてしまうのです。

②プロモーション期

イニシエーション期では設計書の傷により傷物の細胞が生まれることをご理解いただけたかと思いますが、一つの細胞が多少傷になっただけではまだ癌にはなりません。このプロモーション期で本当の癌を育成してしまうのです。

プロモーション期は活性酸素の勢力が圧倒的に強く、癌抑制遺伝子の力が遠く及ばずどんどん傷物の細胞が生まれる時期です。傷物の細胞が多く生まれるため、その中の傷を多く持った細胞が癌細胞へと変化を遂げていってしまいます。

③プログレッシブ期

プログレッシブ期ではプロモーション期で増えた癌細胞がどんどん増殖し体内で腫瘍となる工程です。

癌の直接原因

  • タバコ
  • ストレス
  • 遺伝

癌の原因もすべてが究明されているわけではないので、様々な原因を叫ばれています。よく言われるタバコですが、やはりタバコを吸っている人と吸っていない人では発症率に1.6倍差があることが統計学的にも証明されています。

タバコは活性酸素を発生させる原因ですので関係があることは間違えないでしょう。

⇒タバコと活性酸素の関係

ストレスも活性酸素発生の大きな要因ですので癌とは関連が深いと考えられます。

⇒ストレスと活性酸素の関係

また、遺伝で癌になるという話も聞いたことがある方もいらっしゃらないでしょうか。

癌の直接原因が細胞の突然変異のため遺伝により細胞が突然変異しやすい体質というのもあるようです。ただ、突然変異をできるだけ防ぐためには活性酸素の還元が最も効果的ではないかと現在研究がされています。

癌にならないため気を付けること

活性酸素を多く作らないようにすること、活性酸素をできるだけ除去することが非常に大切です。活性酸素ができる原因は様々ありますが、当サイトでも活性酸素を抑えるための行動をまとめておりますので、よろしければ参照ください。

⇒今日からできる活性酸素抑制の3つの行動

水素水の効果

それでは、いよいよ水素水が癌に対して効果を発揮するのか、確認していきたいのですが、その前に水素水そのものには、どのような効果が期待できるのか、簡単に確認しておきましょう。

水素水に期待できる効果は、活性酸素を還元することです。活性酸素は私たちの体を錆びつかせる原因といわれていて、様々な症状を引き起こしています。

⇒活性酸素とは?

活性酸素を除去するような抗酸化物質というのは、非常に多くありますが、水素はその小ささのおかげで、他の物質を凌駕する還元力を持っているとも言われています。

⇒還元力の力を比較

活性酸素は万病のもととも言われていますが、現在水素水が流行しているのは、美容的な効果を求めている方が多いから、と考えられます。これは、口コミ情報などを確認し、年齢層や体験談を確認しているとわかります。

⇒独自に収集した30件の水素水口コミ情報
⇒水素水楽天口コミレビュー6575件の集計・分析

基本的に水素水の働き・効果はこのようなところですが、実際に水素水が癌へ効果を発揮するといえるのでしょうか。

水素水は癌へ効果を発揮するのか?

結論から先に言えば「確実なことは分からないが、癌への効果も期待できるかもしれない」といえるでしょう。事実、癌への効果は論文でも発表されています。

  • 発表誌:Nature Medicine 2007年5月7日
  • 著者:日本医科大学 太田教授
  • 概要:癌の原因である持続的な酸化ストレスの動物実験を実施。水素を与えることで酸化ストレス軽減が確認できた。

こちらの論文は、癌への一因となる酸化ストレス軽減が確認できた、という論文であり、癌そのものへの効果が確認できた、という論文ではありません。しかし、予防効果も期待したいという、研究者の願望も詰まった論文のようですね。

癌への効果については、日本医科大学の太田教授も以下の動画の2分過ぎでお話してくれています。

インタビュー動画を見ていただければわかりますが、現段階ではっきりとした癌への効果、予防効果の証拠まではないようです。ただ、抗がん剤や放射線治療などの副作用を落とす効果は、はっきりと確認できているようですね。

参考:癌への効果があるという意見・データもあり

現在の研究では癌への直接的な効果は証明されていない、という現状ですが、癌への効果を期待して、日々研究が進んでいることは間違えありません。

癌細胞は活性酸素と深い関係を持つことは、多数の研究で指摘を受け続けています。そのため、近い将来に癌への効果が発表される可能性も0ではありませんね。

また、本当かどうかは不明ですが、日本内科学会認定内科専門医、日本腎臓学会認定腎臓専門医の内藤眞禮生先生の著書「水素の力 酵素の力」のP63~P64で実際の癌患者に水素を与えて改善していく様子を写真付きで解説しています。「乳がん」および「肝臓がん⇒肺転移」の症状の方です。

まとめ

活性酸素と癌の関係性はご理解いただけたかと思います。癌は日本人の多くがかかる病気で現在は治療法もかなり確立されてきたとはいえ、まだまだ死に至る可能性が高い病気です。また、一度発症すると再発も起こりやすい病気のため油断できません。

癌にならないためには何よりも健康でいることが必要です。健康のために水素水を選んでみるというのは、良い選択といえるのではないでしょうか。

もしも、あなたが水素水を始めてみたい、とかんがえているのでしたら、まずは水素水の選び方から勉強することをお勧めします。後悔しない商品選びの方法を学んでみてください。

⇒初心者でも失敗しない・水素水の選び方

参考になったら、友達にシェアしてみませんか?

水素水体験談

水素水の体験効果 2人の体験談

水素水が初めて・疑問だらけの「あなた」を手助け!

水素水のすべて

目的から水素水を選ぶ

安く買う空白健康病気
ダイエット空白美容美肌

水素水をランキングから選ぶ

水素水ランキングバナー
水素水サーバーランキングバナー
水素水サーバーランキングレンタルバナー
水素風呂ランキングバナー
携帯型水素生成器バナー

水素水選びにお悩みなら

サブコンテンツ

このページの先頭へ