肩こりに水素水が効果的?活性酸素との関係は?

肩こり

肩こりというと年をとったり仕事をし過ぎたり、肩こりになるのは仕方のないことだとあきらめている人も多いのではないでしょうか。特に仕事をし始めてから肩こりに悩まされるなんて人が多いと思います。

そんな肩こりに水素水は効果的なのでしょうか。

水素水は肩こりに効果的?

水素水の効果は活性酸素を還元し無害な水へ変える力があると、論文発表されています。

⇒水素水の論文発表内容

しかし残念ながら、水素水を飲めば肩こりが治るかどうかまでは、論文などで発表されているわけではありません。

では、全く効果がないのか、というと今後水素水の効果として発表される可能性は0ではありません。活性酸素と肩こりには関連性があると考えられているので、肩こりへの効果が発表される可能性は高いのではないか、と推測しています。

肩こりの原因・活性酸素の関係

肩こりの原因というと筋肉の疲れにより肩こりになるというイメージを持つ方が多いかもしれません。

よく会社でPCを使い続けていると肩が凝ってしまう、なんて嘆く方がいらっしゃるかと思いますが、PCを使い続けていることで肩の筋肉がつかれてしまっているから起きているんですね。

ただ、筋肉が疲れているという表現は少し誤っているのかもしれません。筋肉を酷使することで実は血管を圧迫し血行不良を起こしてしまい肩こりというのは発生しています。

つまり、筋肉が疲れているから肩こりになる、というよりは筋肉が疲れたことにより血管を圧迫したことで肩こりになる、という方が正しいんですね。

肩こりの根本原因は血行不良により起きるものです。血行不良については当サイト内でも詳しく説明しているので、よろしければ参考にしてみてください。

⇒血行不良と活性酸素の関係はこちら

血行不良の原因は何も筋肉を酷使したことによるものだけではありません。上記記事内でも述べておりますがコレステロールや中性脂肪が活性酸素により酸化された過酸化脂質が血行不良を引き起こしています。

コレステロールや中性脂肪というのは現代日本では切っても切り離せいないくらい密接に私たちとかかわりあっています。

食事やお酒のお供にはコレステロールや中性脂肪はつきもので、切り離すことが難しいのが実態だと思います。どうしても、コレステロールや中性脂肪が多い食事というのは美味しくできていて、その美味しさがストレス発散や人生の生きがいなんかになっているからですね。

その他の肩こりの原因

活性酸素と肩こりの関連性についてご説明してきましたが、肩こりは活性酸素の影響だけで発生しているわけではありません。

活性酸素以外の原因も、簡単に確認しておきましょう。

【活性酸素以外の肩こりの原因】

  • 筋肉が硬くなる
  • 末梢神経の傷つき

筋肉が硬くなる、つまり皆さんがイメージしている通りの凝り固まるというものですね。凝り固まった発展形が末梢神経の傷つきです。それぞれ、順を追って説明していきます。

①筋肉が硬くなる

先の活性酸素と肩こりの関係でも述べましたが、肩こりは特定の部位を使い続けると筋肉が酷使されることにより血管を圧迫すると述べました。なぜ圧迫されるかというと、筋肉は酷使されると固くなってしまうからです。

特定の部位を使い続ける場合、筋肉は活動するためのエネルギーを必要とします。このエネルギーはご存知かもしれませんが、糖代謝という糖の分解により実施されます。

しかし、この糖代謝が行われるときに同時に乳酸というものが作られます。よく疲れているときに乳酸が溜まっている、ということがあるかと思いますが、エネルギーを大量に作り出した結果、乳酸が生まれています。

また、乳酸が生まれる過程で消費されるのがグリコーゲンという物質です。グリコーゲンは筋肉に貯蔵されていて、筋肉の活動のために使う糖分です。しかし、特定の部位でばかりエネルギーを消費すると、筋肉が活動するためのエネルギー源であるグリコーゲンがなくなっていってしまいます。

これが筋肉が疲れた、となるメカニズムであり、活動するエネルギーがなくなった筋肉は動く力がなくなり固まってしまいます。

②末梢神経の傷つき

筋肉が硬くなったことにより末梢神経というものを気づつけてしまう恐れがあります。末梢神経とは通常の神経と考えてもらえればよく、様々な指令を脳から伝達する部分です。

筋肉が硬くなると、神経を圧迫する恐れがあります。疲れて「ハリ」がなくなった筋肉は他の部分に「ダラッ」と寄りかかっている、というイメージをすると分かりやすいかと思います。

神経を圧迫し続けた結果、傷が残ってしまうと、しばらく同じ部位だけが痛み続けます。この痛みはマッサージなどをしても変わることはなく、むしろより一層神経を傷つける可能性があるため逆効果です。

もしも、特定の部位だけが痛み続ける、という場合は末梢神経が傷ついていることを疑ってもよいかもしれません。

実はストレス型の肩こりというのも近年注目を集めています

肩こりの原因は血行不良であると述べていましたが、実はストレスによる肩こりというのも近年目立つようになってきました。ストレスを抱えることにより神経が緊張状態になってしまいます。

そうなると、脳が神経酷使を異常事態とみなし首や肩にも、緊張状態の命令を出してしまいます。この影響で首や肩が常に緊張状態となってしまい肩こりや頭痛も引き起こしているんですね。

もし、仕事中に異常に肩がこると感じる場合はストレスが原因かもしれないので注意が必要です。

肩こりになりにくい体質づくりのためにできることは?

このように肩こりには様々な原因が存在します。そのすべてを取り除くことは難しいかもしれませんが、日常生活の中でも肩こりの対策は可能です。

【肩こりの対策】

  • 筋肉を鍛える
  • 健康的な食事をとる
  • ストレスをためない

筋力が低ければ血管圧迫の可能性が高くなるため肩こりになりやすくなるというのは述べていたのでわかるかと思いますが、鍛えることで血管圧迫の可能性は減少します。

筋肉を鍛えることは肩こりにとって2つの効果があります。

まず、筋肉を鍛えることで血液を送り出すポンプ機能が強くなります。血液は心臓を出発し心臓へ帰ってきますが、その過程で血液を送り出してくれているのは、すべて筋肉です。そのため、筋肉を鍛えることで血液循環を良好にする効果があります。

2点目が凝り固まりにくくすることです。凝り固まるメカニズムはご説明しましたが、筋肉が貯蔵する活動エネルギーが減ってしまうことで発生しています。この活動エネルギーの貯蔵は、筋肉を鍛えることでエネルギー貯蔵庫が増えますので、凝り固まる対策になります。

また、健康的な食事と一言で言ってしまっていますが、脂分の少ない食事をとることを心がけることで、血行不良への対策が可能です。脂肪分が血管を詰まらせる原因の一つのためですね。

さらに、筋肉を維持・鍛えるためにも食事は大切です。何か特定の栄養素が特に必要、というよりはタンパク質やビタミン・ミネラル分をバランスよくとることで、筋肉が成長していきます。

ストレスもためないことです。ためないといわれても難しいかもしれないですよね。趣味を作ってストレス発散をするにしても趣味が中々見つからないなんてことは、よくあります。一番簡単なのが食の楽しみですが、健康的な食事と相反するため難しいところです。

まとめ

肩こりは活性酸素との関連性もありますが、それ以外の原因も多数存在します。そのため、水素水を飲んだだけで肩こりが解消するかといわれると、難しいというしかないと思います。

また、正式な論文・研究でも水素水が肩こりに効果的だとは言われていないので、効果があるのかは分からない状態です。

とはいえ、水素水を健康のために始めてみたい、ついでに肩こりも治ればラッキーくらいで始めてみるのはありかもしれません。もしも、水素水を始めてみようかな、と思っているのでしたら、水素水の選び方や商品比較はしっかりとしておきましょう。

私自身、薬局で適当な水素水を購入してみたところ、ほとんど水素が入っていない、ということもありました。

⇒薬局で購入した水素水の濃度を測ってみた結果

そのため、水素水選びの方法や水素水比較は絶対に実施してほしいな、と思います。

⇒初心者でも失敗しない・水素水の選び方
⇒水素水の比較・ランキング

参考になったら、友達にシェアしてみませんか?

水素水体験談

水素水の体験効果 2人の体験談

水素水が初めて・疑問だらけの「あなた」を手助け!

水素水のすべて

目的から水素水を選ぶ

安く買う空白健康病気
ダイエット空白美容美肌

水素水をランキングから選ぶ

水素水ランキングバナー
水素水サーバーランキングバナー
水素水サーバーランキングレンタルバナー
水素風呂ランキングバナー
携帯型水素生成器バナー

水素水選びにお悩みなら

サブコンテンツ

このページの先頭へ