水素水を飲むのと眠くなる!どうして眠くなるのか?

眠くなる

水素水を飲むと眠くなるという噂を聞いたことがあるかもしれませんね。

果たしてこの噂は本当なのか、考えてみましょう。

水素水を飲んで眠くなる?

まず最初にお伝えしたいのは、水素水を飲んで眠くなるという効果は、何ら証明されていない、ということです。現在、水素水の効果については、論文で発表された内容から様々な効果効能が語られていますが、眠くなるという論文は発表されていないですね。

水素水の代表的な効果というと、2007年に日本医科大学の太田教授が発表した活性酸素を還元し無害な水に変えることが、代表的であり基本的な効果です。そこから、発展して様々な研究が行われているのが現状ですね。

ただ、口コミなどの情報で、水素水を飲むと眠くなるという人がいるのも事実のようなので、その原因を少し考えてみましょう。

水素水を飲んで眠くなる原因は?

原因は

水素水の効果は、先ほども述べた通り活性酸素を還元し無害な水に変えることです。この力から、人間に与える影響を考えたとき、眠くなる要因があるかもしれません。

【眠くなる要因】

  • 水素水を飲んだことによりリラックス効果があった?
  • 水素水を飲むことにより血圧が下がった?
  • 水素水を飲むことにより代謝が良くなった?

いずれも推測の域を出ないことをご認識いただいた上で、可能性レベルとしてお伝えしたいと思います。

①水素水をの飲んだことによりリラックス効果があった?

リラックス

水素水を飲むことによって、リラックスできたのかもしれません。水素水を飲むことでリラックス効果がある、ということは論文で発表されているわけではありませんが、多くの方が実感している効果です。

私自身は、水素水を寝る前に飲んでいますが、寝つきは良いような気がしますね。水素水の効果と断言できるほどではありませんが、活性酸素を還元したことで、体の中の様々なストレスが減ったのではないかと推測されます。

②水素水を飲むことにより血圧が下がった?

高血圧

水素水を飲むと血圧が下がるというのは、日本医科大学の太田教授の自身の体験談として、著書の中で語っていました。

太田教授の場合、水素水のお風呂に入っているそうですが、その際に血圧を測ると普段よりも低い値を示すそうです。通常のお風呂に入った場合は、血圧が上がるので、真逆の効果があると述べていますね。

血圧が下がるということは、血管が広がっている証であり、おそらく副交感神経(リラックス)が優位になっているため、と考えられます。副交感神経優位だと、体の疲れは取れやすく、リラックスした状態といえますね。

③水素水を飲むことにより代謝が良くなった?

代謝改善

水素水を飲むことにより、代謝が改善する、という可能性は大いにあり得る話です。水素水の効果として論文も発表されていますが、糖尿病への効果が確認できています。

⇒【論文】水素水の糖尿病への効果

代謝が改善することで、消費カロリーが増えて、全体的に眠くなりやすくなる、という可能性はあるかもしれませんね。基礎代謝量が増えれば増えるほど、1日に使うカロリーは増えるので、普段よりも疲れる可能性は0じゃありません。

まとめ

水素水を飲んで眠くなるか・・・といわれると、私自身はそれほど大きな効果を感じたことはありません。先ほども述べましたが、寝る前に飲むと確かに寝つきが良いかな、という程度ですね。

水素水を飲んだ瞬間に眠くなったり、水素水を続けていることで、眠くなりやすくなるのか・・・といわれると、そんなことはあまりないのではないかな、という気もします。

私が実際に水素水を飲んでいて感じている効果は、以下でまとめているので、気になる方は確認してみてくださいね。

⇒【写真付き】私たち夫婦が水素水を飲んで実感している効果

参考になったら、友達にシェアしてみませんか?

水素水体験談

水素水の体験効果 2人の体験談

水素水が初めて・疑問だらけの「あなた」を手助け!

水素水のすべて

目的から水素水を選ぶ

安く買う空白健康病気
ダイエット空白美容美肌

水素水をランキングから選ぶ

水素水ランキングバナー
水素水サーバーランキングバナー
水素水サーバーランキングレンタルバナー
水素風呂ランキングバナー
携帯型水素生成器バナー

水素水選びにお悩みなら

サブコンテンツ

このページの先頭へ