水素水はピロリ菌を助長するなんて噂があるけど本当なのか?

ピロリ菌

ピロリ菌と水素水の関係は気になるという方も多いのではないでしょうか。

ピロリ菌が増えることにより胃の病気になりやすいといわれているため、水素水がピロリ菌を増やしてしまう原因となっていると大変な問題です。

そこで、水素水がピロリ菌へ与える影響を詳しく説明していきます。

ピロリ菌とは?

ピロリ菌とはどのような存在かご存知でしょうか。

ピロリ菌は胃に住み着く菌で、胃炎や胃潰瘍の原因の細菌であるといわれています。

胃というのは非常に強い酸性であるため、通常の最近は死滅してしまいます。そのため、昔は胃に細菌がいるなど考えられていませんでした。

しかしピロリ菌は巧みに胃酸を掻い潜る術を持ち合わせた菌だったのです。

【ピロリ菌の特性】

  • 胃の粘膜に住み着くことで胃酸に触れないようにしている
  • 胃酸を分解する酵素を分泌している

胃の中は非常に強い酸性であり、酸性の環境で細菌が生きられないという事実は変わりません。事実、ピロリ菌も胃酸を直接かける、胃酸と同等のph(酸性かどうかを測る指標値)の環境では死滅することが確認されています。

そのため、ピロリ菌は胃酸に直接触れないように、胃の中でも粘膜に住み着いています。粘膜中に生息しているため、胃酸に触れることなく活動を行えるのです。

また、ピロリ菌は胃酸から身を守る酵素も分泌しています。この酵素は「ウレアーゼ」といわれ、ウレアーゼは尿素と反応することで、アンモニアと二酸化炭素を発生させます。

発生したアンモニアは中学校理科でも習った通り、非常に強いアルカリ性の物質です。アルカリ性の物質を発生させることで、胃酸という強い酸性の力を中和させて身を守っているのです。

尿素は胃の粘膜に存在しているため、胃の粘膜の尿素を利用して自らの体を守っているんですね。

ピロリ菌が胃の中にいることの影響

影響
ピロリ菌が胃の中に生息する理屈についてはご理解いただけたかと思いますが、実際にピロリ菌は胃の中でどのように悪さをしているのでしょうか。

実は、ピロリ菌自体が悪いのではなく、ピロリ菌が発生させている酵素「ウレアーゼ」が体にとって有害なものなのです。ウレアーゼの毒素により、粘膜が傷ついてしまいます。

同様にアンモニアも胃の粘膜を傷つける要因です。アンモニアには粘膜を溶かす力を持ち合わせています。

さらに、ピロリ菌からはサイトトキシンという毒物も発生します。

これらピロリ菌を含めた有害物質に対しては、体は活性酸素を発生させてしまいます。活性酸素は強い酸化力を持つ物質で、正常な細胞を含めて攻撃してしまいます。

⇒活性酸素とは?

これらの要因で、胃の粘膜が傷つけられ炎症を起こします。炎症部分にはさらに活性酸素が集まります。このような悪循環で胃炎や胃潰瘍が発生しているのです。

私たちの体にはピロリ菌がいるのか?

疑問
ピロリ菌の存在を知ると恐ろしくなってきた人もいるのではないでしょうか。

では、体の中にピロリ菌がいるのかというと、日本人の約半分の方の胃にはピロリ菌が存在しているといわれています。

日本人の約半分もの方が感染しているのだとすれば、もっと騒がれてもよいのではないか、と思うかもしれませんが、騒がれないのには理由があります。

それは、即時に何かが起きるわけではないからです。

ピロリ菌は日本人の半分の人が感染していることからもわかる通り、すぐに悪い影響が出るわけではありません。

もし出ているのであれば、日本中が胃潰瘍や胃炎だらけになっています。

世界的に見ると日本は非常に胃潰瘍が多い国です。とはいえ、毎日のように胃潰瘍の人と出くわすというほどではないですよね。

そのため、私たちの危機意識や認知度が非常に低いため、大きく騒がれていないのです。

ピロリ菌の影響はゆっくりやってくる

ピロリ菌が即時に人体へ影響を与えるわけではないとしても、長い間共に過ごせば影響が出てくるのは確かです。

個人の免疫力の違いによりますが、ピロリ菌の毒素による胃への攻撃が徐々に進行していくことで、胃炎や胃潰瘍を起こします。また、発展し胃がんなどになることもあるのです。

少し余談ですが、ピロリ菌の発見者である、ウォーレンとマーシャルは培養したピロリ菌を自分たちで食べることで、実際に急性胃炎になることを確認したそうです。そのため、大量のピロリ菌が胃にいると、すぐに体の異変が出るのですね。

ピロリ菌はどうやって侵入?

ピロリ菌は私たちが成長する過程で成長するような菌ではありません。あくまでも感染することで胃の中に現れます。

ピロリ菌の感染ルートは、はっきりとは分かっていないものの、口からの感染ではないかといわれています。

つまり、何かの食べ物や飲み物を伝い、胃へ侵入しているのだと考えられているのです。

ただし、私たちが普段購入できるようなお店の食べ物から、ピロリ菌が侵入することは非常に低いです。そのため、ピロリ菌がどのように拡大しているのか、わかっていないというのが現状です。

ただ、現在はピロリ菌の存在を調べる検査なども各病院で行っています。不安な方はお近くの病院でピロリ菌検査を行ってみるのが良いでしょう。呼気からの検査なので、非常にお手軽です。

水素水はピロリ菌を助ける?倒す?

suisosui_imaege

水素水がピロリ菌の拡大の手助けをするのではないか、という疑念はそもそも以下のような経緯で生まれています。

水素水を飲むことで、胃液が中和されて、酸性が弱まり、ピロリ菌が生きやすい環境になるため、ピロリ菌を助長させてしまうのではないか?

ただ、残念ながらこの理論は嘘です。

ピロリ菌を助ける効果など水素水にはありません。

また、逆にいうとピロリ菌を倒す力もありません。

まず、水素水を飲むことで胃液が中和されるということが間違えです。

水素水は還元力が高いなど言われるため、アルカリ性の飲み物だとお考えの方もいらっしゃるようですが、アルカリ性の飲み物であれば、私たちが飲むことができません。

水素水のphは基本的におよそ7~8と中性です。水道水が5.8〜8.6という基準があります。

ph
引用元:東京都水道局

水素水は胃炎や胃潰瘍への改善効果が期待できる?

水素水を飲む
ピロリ菌により、活性酸素が発生する、と先に述べましたが、水素水は活性酸素の還元に優れた飲料です。

そのため、水素水を飲むことで、ピロリ菌による活性酸素を除去してくれ、胃の炎症を抑える効果は期待できるとも言われています。活性酸素による、炎症を抑える効果が、水素水にはあると論文で発表されているからですね。

もちろん、論文で発表されているレベルの効果であり、効果を約束するものではありません。また、アンモニアやピロリ菌が出す毒素を除去する力は持ち合わせていないので、胃炎を完全に防ぐ、というわけではないですね。

まとめ

水素水がピロリ菌を助ける、拡散させる、住みやすくさせる、という類の噂は嘘といってよいでしょう。むしろ、ピロリ菌自体をどうにかする力はありませんが、胃炎系の症状や発症を抑える効果が、水素水には期待できる可能性の方が、高いかもしれませんね。

その他、私自身が水素水を飲んでいて、体感している効果というのは、美容面や健康面から数多くあるので、どんな効果があるのかを写真付きでまとめました。どんな効果があるのか、気になる方は見てみてくださいね。

⇒【写真付き】私たち夫婦が水素水を飲んで体感している効果

ただ、水素水を飲もうと思っている方は、少し気を付けてほしいことがあります。それは商品選びです。私自身、薬局で購入した水素水には水素がほとんど入っていなかった・・・なんてい経験をしています。

公式サイトの濃度や、パッケージ書かれている濃度は、あまりあてにならないので、本当に水素が入っている水素水を選ぶようにしてくださいね。

⇒実際に購入して濃度を測った水素水の比較ランキング

参考になったら、友達にシェアしてみませんか?

水素水体験談

水素水の体験効果 2人の体験談

水素水が初めて・疑問だらけの「あなた」を手助け!

水素水のすべて

目的から水素水を選ぶ

安く買う空白健康病気
ダイエット空白美容美肌

水素水をランキングから選ぶ

水素水ランキングバナー
水素水サーバーランキングバナー
水素水サーバーランキングレンタルバナー
水素風呂ランキングバナー
携帯型水素生成器バナー

水素水選びにお悩みなら

サブコンテンツ

このページの先頭へ