水素水がシミ・シワに効果的な理由は?美肌の秘訣を肌の構造から徹底解説!

水素水に美容効果を期待する方は多いと思います。

今回は、水素水がシミ・シワに効果的な理由をシミ・シワの原因から徹底的に解説します。

肌の構造を知る

シミ・シワの原因を知るために、まずは肌の構造を理解しておきましょう。

肌表面
引用元:スキンケア大学

私たちの肌は大きく分けると3層構造になっています。表皮、真皮、皮下組織です。私たちがよく「皮膚」と呼んでいるのが「表皮」と「真皮」を合わせた部分となっています。

それぞれ、どのような役割があるか簡単に説明します。

①表皮

肌の一番表面の部分となります。図でご覧いただいた通り、さらに細かくいうと「角質層」「顆粒層」「有棘層」「基底層」という4層に分かれています。

角質という言葉は私たちもなじみのある言葉ではないでしょうか。「肌の角質が溜まっているから肌が荒れる」なんて使い方を一般的にしていますね。

この表皮は下の層から上の層へと徐々に変化していくものであり、最後の角質層になると肌の表面から剥がれ落ちます。そのため、上の例で出した、角質が溜まっているため肌が荒れる」という言葉は間違えではなく、古い肌(細胞)が残っている、ということを指しています。

本来、表皮はターンオーバーという肌の入れ替えサイクルで入れ替わります。ターンオーバーは約28日で行われているので、1ヶ月経つと新しい肌、角質に変わっているという構造になっています。

しかし、このターンオーバーも年齢とともに周期が長くなっていく、といわれています。年齢とともに肌が荒れやすくなる原因の一つですね。

表皮全体の役割としては、肌の一番表面にあることからもわかる通り、体を守るバリア機能を備えています。バリア機能を備えるために、肌は水分を必要としています。

水分が各細胞の間に入ることで、有害物質をより深層まで侵入することを防いでくれているのです。

この水分量を保持するために必要になるのが「セラミド」という物質です。

セラミドが角質細胞同士をくっつけてくれる役割を果たしてくれています。水分は皆さんもご存知の通り、蒸発しやすく肌の表面から逃げやすいものです。それをせき止める役割を「角質細胞」と「セラミド」が果たしてくれています。

セラミドがないと肌にハリがなくなる、なんてこともよく言いますが、セラミドが肌の水分保持に重要な役割を担っているため、このように言われているんですね。

②真皮

主に肌のハリやツヤの役割を果たしているのが、真皮です。

真皮はコラーゲン、エラスチンという繊維で覆い尽くされています。そして、その隙間にはヒアルロン酸という液体が詰まっています。

よく、整形でヒアルロン酸注射を打って、肌に弾力を持たせシワをなくす、というような表現を使いますが、ヒアルロン酸は真皮に多く含まれている液体なので、非常に理に適っていることがわかるでしょう。

コラーゲンも私たちの身近なところで、よく聞く言葉であり肌に良いイメージが強いのではないでしょうか。コラーゲンは肌を支える部分というイメージになります。

ゼリー状の液体であるヒアルロン酸が入り込むスペースをコラーゲンおよびエラスチンが確保して、その隙間にヒアルロン酸が敷き詰められている、と考えると肌の中の構造がイメージしやすいかと思います。

真皮の中では「繊維芽細胞」という細胞がコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を作り出してくれています。同時に古くなった各物質の排出も行ってくれています。

しかし、残念ながら老化に伴い繊維芽細胞の生産能力は落ちていきますし、紫外線などの有害物質の力によっても衰えてしまいます。

③皮下組織

皮下組織は肌の3層構造上最も下の部分です。私たちに最もなじみ深いのは皮下脂肪ではないでしょうか。

皮下脂肪は身体を守るクッションのような働きをしています。皮下組織の大半は皮下脂肪でできており、体温を外に逃がさないようにしたり、外部からの激しい熱を遮断したりしてくれています。

太っている人は脂肪で包まれているため、寒さに強い、という表現をすることがありますが、これは皮下脂肪により熱を遮断(寒気を遮断)しているため、保温性に優れている、という意味で使われます。

しかし、一方で体内の熱を逃がすことができないというデメリットも存在し、皮下脂肪が多すぎると、体温コントロールが正常にできない、つまり代謝が悪くなる一んにもなりえます。

その他、皮下組織には動脈や静脈、いわゆる血管が通っています。動脈は主に栄養の伝搬を行っている、静脈は不要物の回収を行っている、考えればおおよその理解はあっています。

動脈から栄養を受け取ることにより、肌の上の階層へも栄養を供給しています。

シミ・シワの原因・メカニズム

シミ・シワの原因・メカニズムは基本的には上記で説明した、肌の各層が破壊されることにより発生しています。

①古い角質が残る

角質のご説明は肌の最も表面の部分です。そのため、私たちから見て最も体感に現れやすい部分でしょう。

古い角質が残っているということは、肌のターンオーバーがうまくできていないことを表しています。

そして古い角質が残ったままの状態では、次のターンオーバーもうまくできません。このような悪循環から、肌に古い角質が残り続け、肌の細胞は古い状態となっていき、肌が荒れる、シミ・シワができやすくなってしまいます。

また、古い角質が残ってしまうと、毛穴の皮脂などを詰まらせてしまいます。毛穴を詰まらせることにより、毛穴では脂質分(皮脂)が溜まり、その中でアクネ菌が繁殖してニキビができる、ということが起きます。

⇒ニキビへの水素水の効果

このように、古い角質が残っていることはシミ・シワ・肌荒れ全般の根本的な原因となります。

②セラミドの減少

セラミドは左記の説明の通り、肌の水分流出を防いでくれている物質です。

セラミドが減少することで、肌の水分量は減る、つまり肌が乾燥しやすくなるということです。

肌の約80%は水分でできていますので、水分量が減り肌が乾燥しやすくなるということは、それだけで肌のハリが失われてしまいます。また、ハリが失われることで、肌にシワができてしまいます。

③メラニン色素の減退

メラニン色素は私たちの体を守ってくれいます。

メラニン色素は私たちの体に有害物質が侵入した際に、有害物質と戦います。そして、戦った結果色素を出すため私たちの肌の表面にシミができているのです。

紫外線を浴びるとシミができるのは、紫外線とメラニン色素が戦った証です。戦地が戦後に荒れている、と思うと納得できるのではないでしょうか。

メラニン色素は通常、有害物質が侵入した際は大量に発生しますが、有害物質がいなければ(あり得ませんが)必要ありません。そのため、余分なものは排泄する機能を肌の中で行っていますが、年齢とともに排泄する機能が失われるため、年を取るとシミができやすくなってしまいます。

④活性酸素

活性酸素は肌の大敵です。活性酸素は強い酸化力を持つ物質で、有害物質と戦うこともありますが、正常な細胞までも酸化・破壊する力を持っています。

⇒活性酸素とは?

もちろん、肌の各細胞も例外ではありません。

先の例で出てきた、コラーゲンやエラスチンも活性酸素により酸化され、本来の働きを出来なくなってしまいます。酸化してしまったコラーゲンやエラスチンは本来の、真皮層を支える役割を果たすことができず、真皮層の支柱が崩れることになってしまいます。

支柱が失われた真皮層は弾力を失ってしまい、シワを作りやすくなってしまいます。

また、増えすぎた活性酸素は有害物質です。有害物質は左記の説明の通り、メラニンが戦わなければなりません。

メラニンが活性酸素と戦った結果、メラニン色素を出し肌のシミを作ってしまいます。

年齢とともに肌が荒れやすくなる理由

年齢とともに肌が荒れやすくなる、というのは皆さんイメージしているかと思いますが、簡単に年齢を重ねるにつれて、肌が荒れやすくなる理由をご説明いたします。

  • 活性酸素に対抗する酵素の生産量が減る
  • 女性ホルモンの分泌量が減る

大きくはこの2点といわれています。

活性酸素は元々年齢と関係なく体内に発生、取り入れているものです。呼吸で取得する酸素の約2%が活性酸素に変わるといわれています。

しかし、若い間は活性酸素の影響をそれほど受けません。これは、体内でSOD酵素という酵素が活性酸素を撃退してくれているからです。

⇒SOD酵素とは?

ただ、残念ながら年齢とともにSOD酵素の生産量は減っていき、約35歳で急激に生産量が落ちるとも言われています。

これは、体の仕組み上避けることができない部分ですので、防ぐには外部から抗酸化物質を取り入れるしかありません。

また、女性ホルモンも肌への影響が非常に強いといわれています。

女性ホルモン、特にエストロゲンはコラーゲンの量に大きくかかわっています。女性ホルモン量が低下すると、コラーゲン量も低下します。

コラーゲンは先ほども説明した通り、肌を支える支柱のようなものです。支柱がなければ水分を保てなくなり、肌のハリがなくなってしまいます。

女性ホルモンの低下も、体の構造上避けることのできないものです。女性ホルモンを外部から摂取する、という手法が薬などを使わないと難しく、純粋に女性ホルモンを補給する手段は、現実的ではありません。

ただ、植物性の女性ホルモン(に似た働きをする物質)というのは存在しています。その代表例が大豆イソフラボンです。大豆製品が肌に良いといわれる一つの理由が、植物性女性ホルモンを摂取できるから、なのですね。

水素水のシミ・シワへの効果

シワ水素水は研究で活性酸素を除去する力があると発見されています。活性酸素を除去する力は、いわゆる通常の抗酸化物質よりも効果が高いとも言われていますね。

⇒抗酸化作用の比較

活性酸素は肌のシミ・シワの原因であることは、説明させていただいた通りです。つまり、水素水は肌に良いということが分かると思います。

肌のシミ・シワへの対策

水素水が効果的なのはご理解いただけたかと思いますが、水素水ですべての原因を取り除くことができるわけではありません。

  • 肌の保湿
  • 角質の除去
  • 紫外線を避ける
  • タンパク質・ビタミンの摂取

肌の感想は、内側からだけでなく外側からもケアが可能です。表皮からの水分流出を、表皮に化粧水や乳液を塗るのは水分が逃げていくことを防ぐ効果が期待できます。

角質の除去というと、顔を良く洗おうとお考えの方がいるかと思いますが、それは危険です。肌を洗いすぎると古い角質だけではなく、新しい角質まで壊してしまい、かえって逆効果の場合があります。

紫外線は肌の大敵であり、紫外線自体も肌に悪いですが、ご説明した通り活性酸素も発生させてしまいます。極力紫外線は避けたいところです。ただ、日光を浴びることで、栄養の促進やホルモン(セロトニン)の分泌を促す効果もあるので、日に当たり過ぎないのも危険です。

セロトニン不足はうつ病の原因とも言われているので、注意しましょう。

⇒水素水にうつ病への効果があるのか真偽を解説

タンパク質とビタミンは肌のコラーゲン繊維を作り出してくれる源です。もちろん、コラーゲンだけでなく肌の各細胞にも必要な栄養素です。栄養補給は、肌だけでなく、健康の基本でもあるためできればバランスよく摂取したいところです。

コラーゲンの話に特化するとすれば、コラーゲンのもとはタンパク質ですが、タンパク質だけでよいわけではなく、ビタミンも足りないと生成できないので注意しましょう。

まとめ

肌の構造やシミ・シワの原因から簡単に解説したため、少し長くなりましたが、水素水が効果的であることをご理解いただけたでしょうか。

肌関係へは水素水は非常に効果が高いと考えられますので、若くありたい、美肌でありたいという方は水素水を始めてみるとよいと思います。飲むだけでよい、というのも非常に魅力です。

あとは、どの水素水なら美容効果が高いのか・違いがあるのかが気になりませんか。そんなあなたには、美容に良い水素水が何で、何故この商品がお勧めなのかをお教えするので、こっそり覗いてみてください。

⇒美容にお勧めの水素水とその理由を公開中!

参考になったら、友達にシェアしてみませんか?

水素水体験談

水素水の体験効果 2人の体験談

水素水が初めて・疑問だらけの「あなた」を手助け!

水素水のすべて

目的から水素水を選ぶ

安く買う空白健康病気
ダイエット空白美容美肌

水素水をランキングから選ぶ

水素水ランキングバナー
水素水サーバーランキングバナー
水素水サーバーランキングレンタルバナー
水素風呂ランキングバナー
携帯型水素生成器バナー

水素水選びにお悩みなら

サブコンテンツ

このページの先頭へ