タバコは活性酸素を量産!?喫煙者こそ水素水を飲むべき?

タバコ

現代日本はタバコへの風当たりは非常に強く、喫煙所はどんどん少なくなりお店でもタバコが吸えないところは物凄く増えていますよね。吸えるところが少なくなっているだけではなく、値段も非常に高くなっていて喫煙者にはつらい状況かもしれません。

とはいえ、喫煙者はなかなかタバコをやめるのに苦労をしてしまう、という側面も持っています。体に悪いのはわかっていても・・・やめたくても・・・という人も多くいるのではないでしょうか。

そこで今回はタバコを吸う人に水素水がどんな効果を発揮するのかを解説していきます。

タバコと活性酸素の関係

活性酸素との関係は、ずばりタバコを吸うこと自体が活性酸素を発生させてしまうということです。

さらにいうとタバコに火をつけた瞬間、タバコから煙が発生すると思いますが、その煙も活性酸素にあふれているのです。

活性酸素は強い酸化力を持つ物質で、細菌や有害な物質を倒してくれる効果も持っていますが、一方で強すぎる酸化力で正常な細胞や時には遺伝子までを破壊してしまいます。

⇒活性酸素とは?

では、なぜ活性酸素をタバコが発生させてしまうのかを説明していきます。タバコというと体に有害であるとことで非常に有名ですよね。

代表されるのがタバコに含まれるニコチンやタールという物質ですが、もちろん体にとって有害な物質です。

体にとって有害な物質が侵入してきた場合、体はその有害な物質を排除しようと防衛システムが働きます。この防衛システムが活性酸素を発生させてしまっているのですね。

活性酸素とは本来、体を有害な物質から守るために発生するものです。活性酸素の力はその酸化力が特徴で有害な物質が体内に入れば、その有害な物質を酸化させ撃退することが主な仕事だからですね。

タバコが起こす体への害

活性酸素は万病のもとといわれていますが、タバコも百害あって一利なしといわれれています。

タバコが与える悪影響としては、代表的なのが動脈硬化・血行不良ではないでしょうか。血行不良・動脈硬化から発生する病気や健康被害は数えきれません。

なぜ、タバコが動脈硬化や血行不良を引き起こすかというと、タバコを吸うことでタバコに含まれる「ニコチン」が体内に侵入し交感神経を刺激する効果があるからです

交感神経とは自律神経と呼ばれるものの一つで、副交感神経と交感神経は対の存在です。副交感神経は一般的にリラックスの神経、交感神経は緊張の神経とも言われます。

この対となっている2つの神経は、100:0で動いているわけではなく、70:30、40:60、と時間によって異なった割合で働いていて、どちらかの神経の割合が高いことを、副交感神経優位、交感神経優位、など言います。

タバコを吸うと、交感神経が刺激されるため交感神経優位になりやすい傾向があります。交感神経優位になると、緊張状態になるため血管は収縮し、心拍数も上がります。

このことで、血圧を高めてしまったり、普段からの血流が悪くなる、ということが発生します。

タバコを吸っている人は老いが早い?

タバコと老い

みなさんよくタバコを吸うと老いるのが早くなるということをきいたことがないでしょうか。タバコを吸っている人は肌が荒れるとか、しわが増えるとか・・・です。

⇒水素水のアンチエイジング効果

これはタバコを吸うと活性酸素が大量に発生しているため、老化を早めている、ということがよくわかる事例ではないでしょうか。その他にもタバコを吸う人は体臭がするということも言われますが体臭にも活性酸素が関係しています。

⇒活性酸素と体臭の関係、水素水の効果はこちら

水素水の効果

suisosui_imaege

水素水というのは、活性酸素を除去する効果を持っています。水素が活性酸素と結びつき無害な水へと変えて体外へ排出してくれる効果です。

⇒水素水の基本的な効果効能

そのため、タバコを吸うことで発生する活性酸素を除去してあげる効果が期待できます。

では、実際に活性酸素を除去できると、どのような効果が期待できるのかというと、非常に多くの効果が期待できます。活性酸素は万病のもととも言われているからですね。

特に先に説明した動脈硬化や血行不良への効果は期待してよいでしょう。また、血流から発生する派生した症状や病気への効果も期待できます。

動脈硬化・血行不良への水素水の効果

もちろん、水素水の効果はこれだけではありません。タバコというと、癌の元というイメージが強いかもしれませんね。水素水には癌拡大の抑止効果も期待できます。

⇒水素水の癌への効果はこちら

水素水を効果的に飲むためには?

水素水の力を最大限に発揮するためには、水素水の濃度や水素水の飲む量などを正しく理解する必要があります。水素水の濃度は0.8ppm~1.0ppmを目安に、1日1回~2回で300ml~500mlの水素水を飲むのが良いといわれています。

⇒水素水の効果と濃度の関係性

これらの条件を満たす水素水は様々あるので水素水を比較しながら、良い水素水を選ぶことが重要になります。また、水素水を購入するのであれば、市販の薬局などで買うと水素が抜けている可能性があるので、通販購入をお勧めします。

⇒市販の水素水をお勧めしない理由とは?

水素水に禁煙補助の効果はないのか?

禁煙もしかすると、水素水に禁煙の効果を期待している人もいるかもしれませんね。

結論から申せば、残念ながら水素水に禁煙の推進の効果は期待できません。タバコがやめられない理由は、その中毒症状にあります。

◆一つの中毒症状は、脳の習慣によるものです。

タバコを吸っているあなたは、ある決まったタイミングにタバコを吸うことにしていません。たとえば、朝起きたときに目覚めの一服、食後の一服・・・など決められたタイミングでタバコを吸っている方が多いのではないでしょうか。

このように、決まった瞬間にタバコを吸うと決めていると、脳は習慣として覚えてしまい、タイミングが来るとタバコを吸う欲求を命令してしまいます。

◆二つ目の中毒症状は、ニコチンという物質の特性です。

ニコチンが摂取すると私たちの脳へ働きかけドーパミンというホルモンを分泌させます。

ドーパミンは快楽や楽しみ、喜びややる気を引き起こすホルモンです。タバコを吸うと気合が入った、気持ちがすっきりした、と感じるのはドーパミンを分泌してくれるからです。

しかし、逆にニコチンが体内に切れると、ドーパミンは分泌が減っていてイライラした感情を引き起こします。このイライラを和らげるために、再度ニコチンを摂取して脳からドーパミンを出してもらうのです。

このように書くと、かなり中毒性が高いということがご理解いただけたのではないでしょうか。

ここで、本題の水素水の中毒への効果ですが、結論を申した通り水素水が関係する部分は一切ありません。水素水の効果は再掲ですが、活性酸素の還元であり、ドーパミンの分泌や、人間の習慣へ与える影響というのはないからです。

まとめ

タバコによる人体への影響というのは切っても切り離せいない問題です。

とはいえ、タバコを辞められないという方もおおいのではないでしょうか。また、タバコにはストレス発散の効果もあり、タバコを辞めてしまうとストレスが溜まってやってられない、などタバコを辞める気などない、という方もいると思います。

しかし、そんな方でも健康への影響は気になるのではないでしょうか。タバコを辞めないのであれば、タバコの害を他の要素で減らしてあげることも大切かもしれません。

水素水に興味を持った、この機会に初めて見るのもよいかもしれませんね。もし始めるのでしたら、まずは水素水の選び方から勉強しましょう。

⇒初心者でも失敗しない・水素水の選び方

参考になったら、友達にシェアしてみませんか?

水素水体験談

水素水の体験効果 2人の体験談

水素水が初めて・疑問だらけの「あなた」を手助け!

水素水のすべて

目的から水素水を選ぶ

安く買う空白健康病気
ダイエット空白美容美肌

水素水をランキングから選ぶ

水素水ランキングバナー
水素水サーバーランキングバナー
水素水サーバーランキングレンタルバナー
水素風呂ランキングバナー
携帯型水素生成器バナー

水素水選びにお悩みなら

サブコンテンツ

このページの先頭へ