【写真付き】水素水を温めて飲む具体的な方法と驚きの効果!

水素水を飲む時気になるのが体を冷やしてしまうことではないでしょうか。

身体を冷やさなくても冬や寒い時期は、温めて飲みたくなるものです。そんな時に、お勧めの水素水の温め方をお伝えします。

水素水を温める具体的な方法

それでは早速、水素水を温める方法をお伝えしていきます。

水素水を温める方法

  • 水を入れた鍋に水素水を入れる
  • 鍋に火を入れ沸騰させて待つ
  • 水素水を鍋から取り出す

言葉にしてしまえば非常に簡単な方法です。水素水はパッケージを開けてしまうと、水素を逃がしてしまう要因になるので、パッケージを開けずに温めてあげる必要があります。

水素第一人者である日本医科大学太田教授の著書「水素水とサビない身体」の中でも、ヤカンなどで温めると水素は全部抜けるので注意すること、と述べられていますからね。

もちろん、パッケージを開けてすぐに水素が逃げてしまうわけではないのですが、沸騰させるとそれだけ水素が逃げていくスピードが上がるということです。

実際に実施してみると、鍋には結構な量の水を入れる必要があり、沸騰するのには時間がかかります。また、取り出すのも手では難しいので、ざるなどを利用した方がよいでしょう。

水素水を温める効果

水素水を温めてあげることで、水素の効果が高まるわけではありません。しかし、温かいお湯を飲むこと自体に効果があります

深田恭子さんや長澤まさみさんもダイエットに取り入れていますが、白湯ダイエット効果が期待できるのですね。白湯とはお湯のことです。

  • 温かい白湯を飲むことで体が温まる
  • 体が温まることで代謝が高まる・血行が良くなる
  • デトックス効果も期待できる

白湯ダイエットとはこのような効果が期待できる方法です。水素水自体に代謝を改善する効果があるため、温めて飲むことで、さらに効果を倍増させることができると考えられます。

⇒水素水のダイエット効果

ダイエット効果だけではなくデトックス効果もありです。血液循環が良くなるため、老廃物をスムーズに排出できるようになるからですね。そのため、ダイエットだけでなく美容面での効果も高くなります。こちらも水素水との相性抜群ですね。

⇒水素水の美容効果

参考:白湯ダイエットの具体的なやり方

水素水とは少し離れた話になってしまいますが、折角なので白湯ダイエットのやり方をご紹介いたします。

  • 白湯は50度くらいの温度が目安
  • 1回で150ml程度を目安に飲む
  • 10分くらいかけてゆっくり飲む
  • 飲むタイミングは朝起きた直後or夜寝る前がベスト

白湯といっても、熱々のお湯を飲むわけではありません。大体50℃くらいを目安にして、温かいお湯を飲みます。目安の量は1回150ml程度といわれているので、あまり飲みすぎもよくないようです。

また、飲む際はゆっくりと飲みましょう。ゆっくり飲むことで体全身が温まることが実感できます。体全体を温めてあげることで、全身の血行が良くなるのを体感(イメージ)しながら飲むと効果は上がります。

飲むタイミングは朝起きた直後や夜寝る前が良いといわれています。朝起きた直後は、全身の器官起きていないため、お湯で温めてあげることで活性化します。夜の場合は、新陳代謝が行われている時間帯に体を温めてあげることで、新陳代謝をスムーズにしてくれます。

ただ、水素水で実施する場合こんな疑問が出てきたかもしれませんね。

①150mlだけ水素水で摂取するのは難しい

水素水は通常500ml程度のパックで販売されているため150mlだけ飲むのは難しい、と感じる方もいるのではないでしょうか。確かに150mlだけ飲むのは難しいですね。

白湯が1回150mlといわれているのには、やはり飲み過ぎを注意する必要があると考えられているからです。飲み過ぎた場合、以下の危険性があるといわれています。

  • 水の取り過ぎで栄養吸収が落ちる
  • 水分摂取のし過ぎでむくみができてしまう

1点目は水を取り過ぎた直後に食事を取ると栄養吸収率が落ちるといわれています。水が大量に体内にあるため、栄養が薄まってしまうと考えられているのです。

2点目は飲み過ぎです。これは1日トータルでの水分摂取量を目安に考えるとよいかもしれません。私たちが1日に摂取すべき水分量は2ℓ程度といわれています。これを大きく超えるような、水分を摂取し過ぎてしまうと、体に水分が余ってしまい、体をむくませる原因となります。

何事も極端なことは体に害を出す可能性は否定できない、という良い例です。これは、白湯や水素水だけに限った話ではなく、水を飲み過ぎたことで、逆に体調を壊す、なんてこともあるといわれています。いわゆる「水毒」というものです。詳しくは好転反応と一緒に説明しています。

⇒好転反応・水毒とは?

これらのことを考えると、水素水を白湯として利用するなら夜寝る前などの食事を取らないであろう時間に摂取することが好ましいと考えられますね。寝る前であれば、飲む量が500mlであっても、大きな問題はないでしょう。

②10分かけて飲むと水素が抜けてしまわないのか心配

水素は非常に逃げやすい物質だから10分もかけて飲んでいたら水素が逃げてしまうのではないか、と思うのではないでしょうか。しかし安心してください。10分くらいでは水素は逃げないといわれています。

実際に私も水素水を開封しコップに移してから1時間以内の水素濃度を計測してみました。結果だけ申せば1時間たっても0.2ppm下がっていただけの結果となりました。

⇒水素水を開封し15分毎に水素濃度を実測した結果

また、他の方が酸化還元電位の推移を公開されているものを発見しました。

  • 開封時:-585mV
  • 1時間後:-541mV

酸化還元電位とは、難しいことを説明しても仕方ないので簡単に述べておくと、マイナス値が高ければ高いほど水素が多く含まれている、と考えてよい(おおよそ)数値です。0もしくはプラスになれば水素はない、と考えてよいでしょう。

また、太田教授の著書の中でも3時間後に半分になっている程度なので、そこまで慌てて飲む必要はない、と述べています。

水素水を鍋で温める以外の温かい水素水を飲む方法

実は温かい水素水を飲む方法は他にもあります。それは温かい水素水を作れる水素水サーバーを購入することです。

温かい水素水を作れるサーバータイプで最もお勧めなのは「ルルド」という水素水サーバーですので、詳細を確認してみても面白かもしれません。

⇒水素水サーバールルドの詳細

まとめ

水素水の温める方法や効果をご説明してきましたが参考になったでしょうか。

この機会に水素水を始めてみたいな、と感じたあなたは、まずは水素水の基本を学んでみてはいかがですか?具体的な効果や口コミ情報から、詐欺の噂やあなたに向いた水素水の選び方まで、徹底的に解説しました。

⇒水素水の効果・口コミ・選び方・詐欺まですべて公開中

参考になったら、友達にシェアしてみませんか?

水素水体験談

水素水の体験効果 2人の体験談

水素水が初めて・疑問だらけの「あなた」を手助け!

水素水のすべて

目的から水素水を選ぶ

安く買う空白健康病気
ダイエット空白美容美肌

水素水をランキングから選ぶ

水素水ランキングバナー
水素水サーバーランキングバナー
水素水サーバーランキングレンタルバナー
水素風呂ランキングバナー
携帯型水素生成器バナー

水素水選びにお悩みなら

サブコンテンツ

このページの先頭へ