あなたは間違っている?水素水の効果のない飲み方3選!

ダメ

水素水を飲むのであればやはり効果的に飲みたいと思いますよね。でも、せっかく届いた水素水も誤った認識を持っているとで体に効果のないものになってしまいます。

では、どんな飲みかたが誤っているのか3つの誤った飲みかたを例に解説させていただきます。

①沸騰させてお湯にして飲む

お湯を沸かす
お湯にしてしまうのはよくありません。全く駄目だ、というわけではないのですがパッケージを開封し中の水をヤカンなどで沸騰させるようなことはよくありません。

水素は宇宙で最も小さい物質です。そのため、沸騰させる過程でどんどん水素は逃げて行ってしまいます。私自身沸騰させて水素濃度を測ったわけではないのですが、おそらく沸騰させてしまえば水素はほとんど残っていないでしょう。

しかし、どうしても暖かくして飲みたいという人もいるかもしれません。そんな方は、パッケージを開封せずに沸騰したお湯に入れて温めましょう。レトルトのカレーを作るイメージを思い浮かべてもらえれば想像しやすいかと思います。

また、開封しなければいいのか、と考え電子レンジで温めようなどと考えるのはおやめください。非常に危険です。

②開封後長時間放置してから飲む

放置する
①と理由はほとんど同じなのですが、開封後そのまま放置しておくと水素はどんどん逃げていってしまいます。水素水はパッケージを開けたらすぐに飲むのが有効な飲みかたです。

実際に、どれくらいの時間がたつと水素がなくなってしまうのかというと、最初に1時間で約5割ほど逃げて行ってしまい、8時間後には水素はほぼ0になってしまいます。
※水素濃度や商品により前後します。

詳しくは酸化還元電位の説明の中で時間の経過ともにどれくらいの量の水素が減っていくのかを解説していますのでご参考にしてみてください。

⇒酸化還元電位と水素濃度の関係はこちら

③冷やし過ぎて飲む

冷やす
水素水を冷やして飲むという方は多いのではないでしょうか。冷えてない水というのはおいしくないですから当然だと思います。

しかし、水素水を冷やし過ぎるのは少し危険です。水素水は②でお話しした通り開けたら早めに飲まなければなりません。そのため、どうしても急速に飲み干してしまうことが多くなるかと思います。ただ、ここに危険が潜んでいます。

冷えた水を急速に体に取り入れると体は冷えてしまいます。体を冷やすということは実は非常に危険なのです。

【体を冷やすことの危険性】

  • 血流が悪くなる
  • 内臓が冷え便秘になる
  • 代謝が悪くなる

このような危険を持っています。

水素水をどのように飲みのが良いのか?

水を飲む2
水素水はなるべく常温に近い状態で、パッケージを開けた状態からなるべく早く飲みたいところです。

水素は逃げやすい性質なので、あわてて飲まなければならない、と思っている人も多いかもしれませんが、実はそれほど逃げるわけではありません。1時間くらいであれば、大して水素は逃げないことを、実験で確認済みです。

⇒実験結果!水素水開封1時間の水素濃度推移!

水素水は確かに濃度が非常に重要です。水素が入っていない水素水は、ただの水と変わりませんからね。じゃあ、どれくらいが目安かというと0.8ppm~1.0ppmの水素水を1日に300ml~500ml飲むこと、といわれています。

⇒水素水と濃度と効果の関係は?

また、温度については常温と書きましたがあまりにもぬるくすると、おいしさが損なわれます。普段は冷蔵庫に入れておいて、飲む10分前くらいに冷蔵庫から出して常温に近づける、というような飲みかたが良いのではないかと思います。

その他、水素水の効果的な飲み方も以下で公開しているので、参考にしてくださいね。

⇒水素水の効果的な飲み方5選

水素水選びも重要

水素水の飲み方についてお伝えしてきましたが、水素水は飲み方より前に商品選びが重要になってきます。私自身の経験なのですが、薬局で購入した水素水の濃度を測ってみたところ、ほとんど水素が入っていないということもありましたので・・・。

水素水選びは、水素がちゃんと残っていることが重要です。公式サイトでは補填したときの濃度しか書いていないですが、飲む時点で水素が入っていないと意味がないので、公式サイトだけの情報じゃ危ないですよ。気を付けてください。

⇒実際に水素の濃度を測った水素水の比較ランキング

参考になったら、友達にシェアしてみませんか?

水素水体験談

水素水の体験効果 2人の体験談

水素水が初めて・疑問だらけの「あなた」を手助け!

水素水のすべて

目的から水素水を選ぶ

安く買う空白健康病気
ダイエット空白美容美肌

水素水をランキングから選ぶ

水素水ランキングバナー
水素水サーバーランキングバナー
水素水サーバーランキングレンタルバナー
水素風呂ランキングバナー
携帯型水素生成器バナー

水素水選びにお悩みなら

サブコンテンツ

このページの先頭へ