水素が抜けるスピードはどれくらい?15分毎に実測した結果!

水素水は水素が逃げやすいのですぐに飲まなければならない、というイメージが強いのではないでしょうか。

確かに水素は逃げやすいものですが、どれくらいの間に飲まなければならないのか、疑問を持ちませんか?そこで、開封して1時間以内の水素濃度を実測してみました。

水素水開封1時間以内の濃度実測方法

実際に実測する上でどのように計測したのかを、最初にご説明しておきます。

  • 利用する水素水は浸みわたる水素水
  • 水素水を開封後、コップに一定量移す
  • コップから水素水を取り水素濃度を計測する
  • 保存水素濃度判定試薬で15分毎に水素濃度を実測する

今回はランキングNo1の浸みわたる水素水を利用します。ただし、コップに移してから計測するため、パッケージによる水素の逃げやすさは関係ない形を取ります。

⇒浸みわたる水素水・採点・レビュー

コップに移した水素水から保存水素濃度判定試薬の計量カップに移し、保存水素濃度を実測していきます。

保存水素濃度判定試薬とは?

保存水素濃度判定試薬は、試薬を水素水に垂らすことで水素濃度を実測することができる試薬です。1滴ずつ垂らしていき、透明になれば水素が含まれていることを表します。

1滴あたり0.1ppm相当で、何滴透明にしたかで水素濃度を計測することができる試薬です。

保存水素濃度判定試薬

ただし、試薬には水中に含まれる酸素の量により誤差が出る可能性があるといわれています。誤差は0.0ppm~0.2ppmといわれているので、計測した数値より高い水素濃度が期待できます。

1時間以内の水素濃度の測定

それでは、水素濃度の実測の様子をお伝えしていきます。

水素水開封・開封直後の水素濃度実測

開封直後の水素濃度

まず最初の水素濃度計測ですが11滴透明にしたので1.1ppm~1.3ppmの水素が含まれていたことが分かりました。

開封15分後の水素濃度実測

15分後の水素濃度

次に15分後の水素濃度計測ですが、今回は10滴透明にしたので1.0ppm~1.2ppmの水素が含まれていることが分かります。少し落ちてしまいましたが、水素は逃げてしまっているのでしょうか。

開封30分後の水素濃度実測

30分後の水素濃度実測

次は30分後の水素濃度計測です。今回も10滴透明にしたので1.0ppm~1.2ppm程度の水素が含まれていることが分かります。変わっていませんね。

開封45分後の水素濃度実測

45分後の水素濃度実測

次は45分後の水素濃度計測です。今回も10滴透明にしました。変化なしですね。

開封1時間後の水素濃度実測

1時間後の水素濃度実測

次がラスト1時間後の水素濃度実測です。今回は9滴透明にしたので0.9ppm~1.1ppmという結果でした。少し落ちてしまいましたね。

まとめ

ご覧いただいたように、水素水がいくら水素が抜けやすいものだといっても1時間くらいでは、そこまで急激に水素濃度が落ちるということはありませんでした。もちろん、多少抜けてしまっていますが、そこまで過敏に急いで飲む必要はないでしょう。

水素の第一人者である日本医科大学の太田教授も著書の中で3時間たつと約半分になる、と述べているので、1時間くらいではそこまで水素が抜けない、ということでしょうね。

1時間以上コップに放置して飲む人はあまりいないとは思いますが、あまりにものんびりと水素水を飲んでいると水素は抜けてしまいますので、早く飲むに越したことはありません。

とはいえ、まずはしっかりと水素が入っている水素水を買うところが基本なので、水素水を始めようと思っているあなたは、まずは水素水の選び方から学んでみてください。

⇒初心者でも失敗しない・水素水の選び方

参考になったら、友達にシェアしてみませんか?

水素水体験談

水素水の体験効果 2人の体験談

水素水が初めて・疑問だらけの「あなた」を手助け!

水素水のすべて

目的から水素水を選ぶ

安く買う空白健康病気
ダイエット空白美容美肌

水素水をランキングから選ぶ

水素水ランキングバナー
水素水サーバーランキングバナー
水素水サーバーランキングレンタルバナー
水素風呂ランキングバナー
携帯型水素生成器バナー

水素水選びにお悩みなら

サブコンテンツ

このページの先頭へ