水素水7.0ppmアキュエラレビュー!7ウォーター比較!

7.0ppmaquelatitol

非常に高濃度な水素水を作り出すことができる、水素水キットのアキュエラをレビューしていきます。類似商品である7ウォーターとの比較もしながら、どちらがどういう人にお勧めかを、ご提案させていただきますね。

水素水7.0ppmアキュエラの商品基本概要

項目 内容
通常価格 9,800円(30本分)
定期購入価格 6,900円(30本分)
お試し価格 6,800円(30本分)
補填水素濃度 7.0ppm
内容量 500ml(1本)

⇒水素水7.0ppmアキュエラの詳細はこちら

水素水7.0ppmアキュエラとは?商品詳細!

水素水7.0ppmアキュエラは自宅で水素水を作るタイプの商品となっています。

自宅で水素水を作るため、パッケージングされた水素水のように水素が抜けてしまう、という心配はありません。では、実際にどのような商品なのでしょうか。

商品内容

  • カプセル×2個
  • スポイト×2個
  • ペットボトル×2個
  • 超過飽和水素発生剤×30包

※スターターキットに入っている内容となります。

水素発生剤で水素を発生させて水素水を作る商品となっています。これだけ見ても、実際に作っているところを想像できないと思うので、作り方を簡単にご説明していきます。

水素水7.0ppmアキュエラの作り方

公式サイトで動画にて作り方が公開されています。もちろん、同封される商品セットの中にも作り方は説明されています。

akyueranotukurikata

①水素発泡剤を取り出す
②取り出した水素発生剤を専用容器に入れる
③発泡剤にスポイトで水を入れる
④水を含んだ水素発生剤をカプセルに豆乳
⑤カプセルの蓋を占める
⑥ペットボトルに水を入れる
⑦水素発泡剤入りのカプセルをペットボトルに入れて蓋をする

このように、専用のカプセル内で水素発生剤と水を反応させて水素を発生させます。発生した水素は、カプセルからペットボトル内に抜け出していき、水と混じり水素水が出来上がります。

飲む前に、最後はよく振ってから飲みましょう。

水素濃度が7.0ppmにできる秘訣

水素の飽和濃度は通常気圧下では1.6ppmとご認識の方もいらっしゃるかと思います。そのため、7.0ppmなんて詐欺の類なのではないか、とお思いの方もいるかもしれません。

しかし、飽和濃度は圧力に比例して上がるため1.6ppm以上の濃度を実現することも可能です。

現に、パッケージングされている水素水でも1.6ppmを超える水素水は販売されていて、それらの水素水は高圧力をかけて、通常よりも多い水素を溶かしています。

ただ残念ながら、パッケージングされた水素水は私たちの手元に届くまでには数日かかるため、パッケージの中の圧力は通常圧力に戻り、1.6ppm以下の濃度になってしまっているのが現実ですけどね。

では、水素水7.0ppmアキュエラはどうかというと、特許取得済みの製法により7.0ppmを実現しています。

  • 特許第4652479号
  • 特許番号:特許第4744641号
  • 特許番号:特許第4756102号
  • 特許番号:特許第4769903号
  • 特許番号:特許第4950352号
  • 特許番号:特許第5038546号

公式通知分:http://7ppm-suisosui.jp/tokkyo.html

正確には水素水7.0ppmアキュエラを販売している「トラストネットワーク株式会社」の特許ではなく、「miz株式会社」が取得した特許です。

そのため、miz株式会社に特許料を支払い製品化されたのが「水素水7.0ppmアキュエラ」であるということになります。

特許の細かい内容については、公式通知に書かれていますが、重要なのは過程でも水素濃度を高めることができる技術が、確かに存在する、ということです。

実際に私たちが手元に届いた商品で作っていても、圧力を実感することができます。

なぜなら、ペットボトルの中で水素を発生させると同時に、高い圧力がかかっていくため、ペットボトルはパンパンになり、破裂するのではないかとひやひやする方です。

水素水7.0ppmアキュエラの圧力

この圧力の力により1.6ppmを超える水素濃度を実現しています。実際に7.0ppmまで濃度が高まるか、というと微妙なのですが、1.6ppmを超えることは確かです。

実際に作った水素水を濃度測定している方が動画をアップしています。

3.3ppm相当の濃度が確認できていますね。

類似商品との比較

水素水を自宅で作るタイプの商品は、水素水7.0ppmアキュエラ以外にも存在します。知名度が高い商品でいうと、ドクター水素水ではないでしょうか。

また、7waterクオシアという商品もありますので、簡単に比較してみましょう。

水素水7.0ppmアキュエラ 7waterクオシア ドクター水素水
水素濃度 7.0ppm 7.0ppm 2.4ppm
価格(スターターキット) 6,800円(30杯分付き) 5,600円 9720円
100ml辺りの値段 45.3円 37.3円 64.8円
定期購入価格 6,900円(30杯分付) 5,400円 9720円
100ml辺りの値段 46円 36円 64.8円
作り方 専用カプセル内で水素を発生させる 水素発生剤を水へ直接投入 スティックを水へ直接投入
完成までの時間※ 5分程度 6時間程度 2時間

※通常の飽和濃度1.6ppmを超える目安の時間、どの商品も24時間後付近が最高濃度を計測

ご覧いただいた比較を見ると、7waterクオシアが最もよい、と感じる方が多いのではないでしょうか。高濃度で価格が安いですからね。

どうしてもコスト面が気になる方が多いかと思いますが、実はもう一つ注目してほしい部分があります。

それは、作り方です。

水素水7.0ppmアキュエラと7waterクオシアおよびドクター水素水との最大の違いは、水素発生素材を直接水に投入するかしないか、だと私は考えています。

7waterクオシアの水素発生剤は水素水7.0ppmアキュエラと同じmiz株式会社制です。つまり水素を発生させる仕組み(素材)は同じと考えられます。

ただ、違う点は発泡剤を直接飲料に入れるのか、入れないのか、の違いであり、直接入れるタイプのクオシアは中の水素発生素材が水に染み出さないように(おそらく)水素を発生させる素材を包んでいる、包みが分厚くできています。

そのため、水素が発生するスピードが7.0ppmアキュエラより遅く、大体6時間後くらいでないと1.6ppmを超える濃度になりません。

また、ドクター水素水の場合はマグネシウムのスティックを直接投入します。

この、飲料に直接水素発生剤を投入することを、あなたがどのように捕えるかで、商品の良しあしは変わってくると思います

7waterクオシアの作り方

以下で、当サイトのパッケージングされた水素水を採点する基準に沿って水素水7.0ppmアキュエラを採点した場合の採点を行います。採点基準がパッケージングされた水素水向けに作られているため、参考程度に捕えてください。

水素水7.0ppmアキュエラ詳細採点・レビュー

補填水素濃度

  • 1.6ppmを超える:5点
  • 1.4ppm~1.6ppmまで:4点
  • 1.0ppm~1.4ppmまで:3点
  • 0.6ppm~1.0ppmまで:2点
  • 0.2ppm~0.6ppmまで:1点
  • 0.2ppmを下回る:0点

補填する、という考え方と異なりますが、業界最高の7.0ppmを実現しているので、文句なく満点です。

商品到着時点の水素濃度

  • 1.0ppmを超える:5点
  • 0.8ppm~1.0ppmまで:4点
  • 0.6ppm~0.8ppmまで:3点
  • 0.4ppm~0.6ppmまで:2点
  • 0.2ppm~0.4ppmまで:1点
  • 0.2ppmを下回る:0点

実際に作った商品を、私の手元で計測しました。計測方法は保存水素濃度判定試薬というものを利用します。詳しい利用方法については保存水素濃度判定試薬の利用方法を参照ください。

何滴の試薬を透明にできたかで水素濃度を測ります。1滴0.1ppm換算、ただし液中に酸素が含まれている場合、誤差が生じるため「何滴透明にしたか×0.1ppm+(0.0ppm~0.2ppm)」で計算します。

採点は、下限値の濃度を利用します。

また、24時間後が濃度の最高点、といわれていますが作ってすぐ飲めることも魅力の一つのため、作ってから10分後の濃度で採点します。

計測結果は30滴目で透明になりませんでした。つまり、2.9ppm+(0.0ppm~0.2ppm)(試薬には誤差の可能性あり)となります。

他の方の計測結果は再掲ですが再度動画を載せておきます。平均値を算出します。

【他の方の測定①】

この方は34滴目で青くなっています。

【平均値】

(2.9ppm+3.3ppm) ÷ 2 = 約3.1ppm(+0.0~0.2ppm)

到着後2か月の水素濃度

  • 1.0ppmを超える:5点
  • 0.8ppm~1.0ppmまで:4点
  • 0.6ppm~0.8ppmまで:3点
  • 0.4ppm~0.6ppmまで:2点
  • 0.2ppm~0.4ppmまで:1点
  • 0.2ppmを下回る:0点

いつでも作ることが可能なため、2ヶ月後も同様の濃度を保つことができます。作り置きの場合はこの限りではないので、注意ください。

パッケージ

  • アルミ缶タイプ飲み口なし:5点
  • アルミ缶タイプ飲み口あり:4点

パッケージはペットボトルですが、その場で作るという商品のため保存できるかどうかは採点対象になりえません。

ただ、パッケージは如何に水素を逃がさないかを得点にしているものです。仮に水素水7.0ppmアキュエラに、この項目の得点を与えるとすれば、その場で作って飲めるので満点でよいと考えます。

注文から届くまでの日数

  • 5日以内:5点
  • 7日以内:4点
  • 10日以内:3点
  • 15日以内:2点
  • 20日以内:1点
  • これ以降:0点

商品注文が2015年8月8日で、商品到着が2015年8月11日でした。3日で届いているので、少し時間がかかってしまいました。

定期購入100mlに対する値段

  • 60円以内:5点
  • 70円以内:4点
  • 80円以内:3点
  • 90円以内:2点
  • 100円以内:1点
  • これ以上:0点

水素水7.0ppmアキュエラは1ヶ月分(30本分)の水素発生剤定期コースが6,900円です。

計算式:6,900円 ÷ 30本 ÷ 500ml × 100ml = 約45円/100ml

100ml辺りの単価は他のどのパッケージ水素水よりも安いですね。

お試し100mlに対する値段

  • 30円以内:5点
  • 40円以内:4点
  • 50円以内:3点
  • 60円以内:2点
  • 70円以内:1点
  • これ以上:0点

お試し購入は初回限定の購入方法です。水素水7.0ppmアキュエラの初回セットは6,800円で30本分とスターターセットがついてきます。

計算式:6,800円 ÷ 30本 ÷ 500ml × 100ml = 約46円/100ml

初回限定セットはスターターキットがついてくる分、それほど割引はされていないですね。

味(硬度)

  • 120mg/l以下:5点
  • これ以上:0点

硬度は自分の好みの水で作れるので硬度は気にする必要がありません

水素水7.0ppmアキュエラ総合評価

 項目 点数
補填水素濃度 採点5点
商品到着時点の水素濃度 採点5点
到着後2か月の水素濃度 採点5点
パッケージ 採点5点
注文から届くまでの日数 採点5点
定期購入100mlに対する値段 採点5点
お試し100mlに対する値段 採点5点
味(硬度) 採点5点
合計 38点/40点

パッケージング水素水の基準で採点すると、当サイトNo1の商品と同点となりました。

ただ、特徴は圧倒的な高濃度と定期購入の安さです。

パッケージングされて水素水の基準で得点を細分化していますが、濃度は桁外れに高いのが一つ目の特徴ですね。もちろん、濃度が高い=効果が高いにはつながらないのですが、取り過ぎて副作用などはないので、損はありません。

また、注目すべきは価格面です。

パッケージング水素水よりも100ml辺りの値段が10円以上安いですね。

その分、作る手間というのが発生しますが、作るのもすごく大変、というわけではないですし、1日程度であれば作り置きも可能なので、寝る前に作って次の日に飲む、という運用も可能かと思います。

作るタイプの中では、水素発生素材が飲料と直接触れ合わないのも、私個人としては非常に評価できる点と考えています。

もちろん、直接水と触れても問題はない、という見解でメーカー側は商品出荷をしているので、気にする必要はないとは思いますが、直接触れていないに越したことはありません。

もしも、直接水に水素発生剤を入れることが気にならないのであれば、同じ濃度でより安く購入できる7waterクオシアもお勧めです。

個人のとらえ方次第ですので、ご自身の価値観に合わせて商品選択するとよいかと思います。

【発生剤が水に触れないこと重視の方にお勧め】
⇒水素水7.0ppmアキュエラの購入・公式サイトはこちら

【価格重視の方にお勧め】
⇒7waterクオシアの購入・公式サイトはこちら

参考になったら、友達にシェアしてみませんか?

水素水体験談

水素水の体験効果 2人の体験談

水素水が初めて・疑問だらけの「あなた」を手助け!

水素水のすべて

目的から水素水を選ぶ

安く買う空白健康病気
ダイエット空白美容美肌

水素水をランキングから選ぶ

水素水ランキングバナー
水素水サーバーランキングバナー
水素水サーバーランキングレンタルバナー
水素風呂ランキングバナー
携帯型水素生成器バナー

水素水選びにお悩みなら

サブコンテンツ

このページの先頭へ