【卓上】ガウラミニ水素水サーバーの評価と隠れたデメリット!

ガウラミニ

ガウラミニは業務用や大型タイプで実績のある水素水生成器・サーバーガウラGAURAから2016年に登場した卓上タイプの商品です。

⇒ガウラミニGARURA mini公式サイトはこちら

詳細を解説と最安値情報をお伝えします。

ガウラミニGAURA mini概要

  • 値段(購入):159,840円
  • 値段(レンタル):4,980円
  • 水素濃度:3.8ppm(1.0ppm+2.8ppm)
  • 利用できる水:水道水・ミネラルウォーター
  • 水素水生成時間:0分
  • メンテナンス:カートリッジ交換年1回
  • 掃除:オートクリーニング(40ℓ生成毎)
  • サイズ:180mm(W)×380mm(D)×339mm(H)(メーカー問い合わせ結果)
  • 重量:約5.1kg(メーカー問い合わせ結果)
  • 電気代(目安):200円程度/月(メーカー問い合わせ結果)
  • pH:0.2ほどアルカリ寄りになる(メーカー問い合わせ結果)

大きな特徴は、水素水濃度が3.8ppmと通常気圧の最大濃度1.6ppmを超えていることでしょう。何故、このようなことが可能なのかは、簡単にご説明します。

ガウラミニGAURA miniが高濃度な秘訣

高濃度が秘訣はダブル水素です。

水素水をタンクの中で作って置き、コップに水素水を出す時に、さらに水素を注入しているので、通常の濃度より高くすることができるのですね。

ガウラミニが高濃度な秘訣
出典:ガウラミニGARURA mini

コップに入った水素水が水素の気泡で溢れているほど、水素があふれているのですが、要するに水に水素が溶けきっていない状態で出来上がるわけですね。

展示会でガウラミニを実際に利用してみると

ガウラミニの展示会にて、実際に水素水を作り出す様子を確認してきました。

【展示会でのガウラミニ利用の様子】
ガウラミニ展示会

本当に水が白濁していました。それだけ水素が大量発生している、ということですね。

また、実際にメーカーの人に話を伺ったところ、ガウラミニもガウラも業務用のガウラも、全く同じ技術・素材で作られているらしく、違うのは大きさだけ、とのことです。つまり、業務用と同じ技術の製品を、家庭の卓上で利用できるのがガウラミニというわけですね。

と、いうよりも実は家庭用ガウラ(ミニじゃない)も置いてあったので、同じように水素水を作ってみたのですが、ガウラミニの方が白濁していて、より高濃度な水素水を作り出せている(正確には気泡で混じっている)と考えられます。

【家庭用ガウラの水素水とガウラミニの比較】
ガウラミニとガウラの比較

その他:ガウラミニGAURA miniの水素生成方法

ガウラミニGAURA miniは水素の生成方法が電気分解となっています。どういうことかというと、飲料水を金属を通して電気分解し、水素を発生させているのです。

水素水生成器・サーバーの中ではポピュラーな手法ですが、中には飲料水を電気分解することなく水素水を作り出す商品もあるため、筆者はそちらの商品を勧めていますが、数は少ないです。

そこで、ガウラミニGAURA miniは飲料水を電気分解して水素水を作り出すことについて、どのように考えているのか、メーカー側に問い合わせをしました。

質問:電気分解で水素を発生させていると考えますが、飲み水を直接分解しているのでしょうか。それとも、分離して水素を発生させ、水素ガスを飲料水に混ぜているのでしょうか。

メーカー回答:ガウラミニは直接電気分解していますが、電極が世界シェアトップの日本の電極会社の”不溶性電極”を使用しており、何かが溶け出すことが無い電極となっております。

また、電気分解の際に水素ガス(分子)側だけに気圧をかけて飲料水に溶存させています。

と断言しています。電気分解では酸素も発生していますが、酸素を水に溶かさないようにしているそうです。

メーカー側のいうことをすべて信用することはできない、とお考えの方もいるかもしれませんが、筆者個人的には信頼してよい回答ではないかと思います。

確かに、安物の水素水生成器・サーバーであれば電極部分に不安を覚えますが、ガウラミニGAURA miniは後述するメーカーの実績が信頼できるものとなっています。

また、実際に電気分解による影響として、pHの変化も懸念されますが、0.2程度pHが上昇するだけということなので、味の変化についても心配ないといえるでしょう。pHは9を超えると人間の味覚で「不味い」と感じるといわれていますが、0.2程度であれば変化に気づく人はほとんどいないと思います。

ガウラミニは実績十分の安心のメーカーが手掛ける製品

ガウラミニは業務用水素水や家庭用の水素水サーバーを手掛けるメーカーが作った「卓上タイプ」の商品のため、かなり信頼度の高い商品といえるでしょう。

【ガウラ業務用水素水】
ガウラ業務用水素水サーバー

【ガウラ家庭用水素水サーバー】
ガウラLP

業務用は導入実績No1を誇るサーバーです。これで信頼するな、という方が難しいですね。

家庭用水素水サーバーは、ガウラミニより大きく、いわゆるウォーターサーバーのようなタイプの商品ですが、個人で購入もレンタルも可能です。

⇒家庭用ガウラ詳細・公式ページはこちら

ガウラミニは性能評価試験多数!?どんな検査が?

ガウラ性能評価

ガウラミニの公式サイトでは、性能評価や検査結果を受けていることが書かれています。ただ、「何となく凄そうだけど何をしているのか」分からかないですよね?

どんな報告がされていて、何故安心・性能が高いといえるのか、もう少し深堀してみましょう。

①法政大学の性能報告

ガウラミニの証明書(法政大学)
検査は法政大学の生命学部というところが行ったようです。どのような検査を行ったのかというと、「ガウラミニで作られた水素水の水素濃度」がどれほどのものかを検証したものです。

ガウラミニは冒頭でもお伝えした通り「ダブル水素製法」で水素水を作りますが、そもそものシングル時(タンクに溜まっているとき)に水素水として濃度がきちんと保てているのかが重要です。

そのため、法政大学に依頼して、ガウラミニに水素濃度の検査をしてもらったようです。

ポイント

水素水の濃度検査は自社調べのものが多いため、外部機関からの検査報告があるものは本当に貴重です。通販などで販売されている水素水も、そのほとんどが自社調べによる水素濃度判定になっています。

自社調べでも詐称しているとは言いませんが、外部機関により検査されていることで、信頼性が向上します。

②日本水素水振興協会の性能報告書

製品認定書
こちらも法政大学と同様に水素濃度を計測した結果を認定書として送られています。日本水素水振興協会には「認定制度」というものがあり、検査基準も厳格に決められています。

水素水の利用製品において、一部企業の製品には溶存水素量が極端に少ないことが判明しました。そこで、消費者の不安や混乱を解消し、国民生活の向上に寄与するとともに水素水のより健全な発展を図るために、溶存水素量を評価し、認定することとしました。ただし、水素水の生体への効果・効能を認定するものではありません。また、水素風呂も認定対照とします。

出典:日本水素水振興協会

検査結果は、タンクの水素水に1.06ppmの水素を確認できていて、非常に効果的な水素水であると、認定されています。

③電磁両立性試験合格

電磁両立性試験
電磁両立性試験というのは聞き慣れない言葉だと思いますが、電子機器や電磁気に対して「有害な影響が出ていないか(電磁気の観点から)」というのを証明する試験です。

水素水生成器・サーバーでこの試験をきちんとクリアしているのが、ガウラミニだけではないでしょうかね。ガウラミニは電磁気を扱う製品ではないですが、電子機器として「害がないものはない」という証明をするために試験しているのですね。

④製品安全試験の国際基準

国際電気標準会議
ガウラミニはIECという「国際規格」に合格している製品となっています。国によって、いろいろな製品がつくられますが、安全性に関するものは全世界共通の考え方なので、統一的な「規格」を作ることで、一定以上の水準を保つ、ということが目的のものですね。

電子製品以外にもいろいろな国際規格、というのものはあります。ISO・IEEEなどネットの世界のものや、建築現場のものなど国際規格とは実はいろいろあるんですね。

ただ、国際規格に準じているのは大抵が「大企業」の製品やサービスです。ガウラミニを作っている会社が「大企業でありしっかりとした水準のものを作っている」という証明といえるでしょう。

⑤ナノレベルで測定

ナノレベル検査
ナノレベル測定とは、水素分子が非常に小さな物質なので、ナノ単位(十億分の一、0.000 000 001 倍)の単位で、水素が入っているのかどうかを検査した、という証明書となります。

基本的には、法政大学・日本水素水振興協会の報告書で水素が入っていることを確認できているにもかかわらず、さらに検査を重ねているというのは、ガウラの企業努力以外の何物でもないですね。

ガウラミニのデメリットは?

デメリット
ガウラミニの良いポイントを中心にご説明してきましたが、デメリットってないのでしょうか。もちろん、何らデメリットがない商品なんてないですかね。

【デメリット】

  • カラーにより値段が異なる
  • 重量が5kgと少し重い
  • 電源がない所では利用できない

こんなところが、ガウラミニのデメリットといえると思いますね。

①カラーにより値段が異なる

ガウラミニの色

ガウラミニには標準タイプとオプションカラーというのが存在します。豊富な色がガウラミニの魅力の一つかもしれませんが、実は標準タイプはシンプルな3色だけなんですよね。

オプションカラーは5色と豊富で、ビビッドカラーという感じのものが多いですね。標準色は非常にシンプルな色合いで、どの家庭でも使いやすいカラーになっていると思います。

  • 標準カラー:159,840円
  • オプションカラー:189,000円

価格差が思ったより大きいので、標準カラーを選ぶ方がいいと思いますね。シンプルな色なので、部屋のインテリアに合わない、ということもないと思いますし、3色から選べるので、3万円出して色を変えるメリットはないかな~、って思っちゃいます。

ただ、いろいろな色から選びたいな、という人にはデメリットといえるんですよね。

②重量が5kgと少し重い

ガウラミニは卓上タイプで小型というイメージがあると思いますし、確かに卓上における大きさです。ただ、実は5.1kgもの重量があるため、手軽に持ち運べる、というほどの軽さではありません。

もちろん、持ち運ぶ必要性があるのは設置場所を決める数日だけだと思うので、それほど大変ではないですが、ちょっと動かしたいな、と思ったとき、少し重いな、と思うかもしれません。

③電源がない所では利用できない

コンセントと電源をつながないと利用できません。商品イメージだと、どこでも利用できそうなイメージ写真になっていますが、電源を抜いてしまうと動かないので、例えば写真のような、外で利用することはできませんね。

【誤ったイメージ例】
ガウラミニのイメージ

この写真は販売サイトに掲載されているものです。実は私も、この写真を始めてみたときは、電源が不要なタイプ(コンセントレス)な商品なのかと思って、メーカーに問い合わせをしたのですが、コンセントがないと動かいといわれました。

ちょっとした詐欺写真ですよね?(笑)商品イメージがよくなるように、外でとったのだとは思いますが、勘違いしてしまいました。

ガウラミニはコストメリットはある?

コスト計算
ガウラミニを購入しようと思ったとき、本当にコストメリットがあるのかな、と疑問を持つかもしれませんね。ガウラミニは水素水サーバーランキングを見てもらえればわかるのですが、1.0ppm以上の水素水を作る水素水サーバーの中では、最もコストメリットのある商品です。

1.0ppm以上の水素水は水素水を効果的に飲むうえでの必須条件ともいえるものなので、最もコストメリットがある水素水サーバーといえるかもしれません。

⇒水素水の効果と濃度の関係

では、通販水素水と比較したときには、コストメリットがあるのでしょうか。通販水素水ともコストを比較してみましょう。水素水ランキングNo1の浸みわたる水素水を定期購入する場合のコストと比較してみたいと思います。

【通販水素水との比較】
ガウラと通販水素水のコスト比較

ご覧いただいた通り20ヶ月目からコストが逆転します。つまり20か月以上水素水を飲むのであれば、ガウラミニを購入した方が安いということです。

ガウラミニにはレンタルプランもあり

ガウラミニは購入価格が高くて手を出せないな、と思う人もいるかもしれませんね。確かに159,840円という値段は一括で払うには重たい値段です。

ただ、そんなあなたには嬉しい、レンタルという方法もガウラミニには用意されています。

では、レンタルだとどれくらいの費用になるのか、購入時とレンタル、そして通販水素水を飲んだ場合で比較してみましょう。

【価格比較】
ガウラミニレンタルとの価格比較
※レンタルの場合、初月に諸経費などがかかります。

購入と比較しても、実はそれほどトータル費用は変わりません。

【3年間の費用比較】

  • 購入:185,760円
  • レンタル:203,321円

ただし、レンタルといってもいつでも解約できるわけじゃないので注意しましょう。3年間の縛り期間があります。中途解約する場合は、残期間分の半分の値段を支払う必要がありますので。

ガウラミニはレンタルと購入どちらが良い?

比較
レンタルと購入、どちらが良いのかは迷うかもしれませんが、実は故障時の対応・メンテナンス性を考えるとレンタルの方がお得かもしれません。

  • 購入:故障対応・フィルター交換は自費(年一度必要)
  • レンタル:故障対応・フィルター交換もレンタル費に含む

購入の場合は年に一度のフィルター交換が必要です。コスト計算の比較には入っていますね。バッテリー交換はないので、必要なメンテナンスはフィルター交換だけとなります。

ただし、フィルター交換であれば大した費用ではないので、気になりませんが、故障対応は想定がいろいろあり過ぎて、見積もることができません。最悪は本体ごと丸ごと交換となってしまいますね。

もちろん、故意による故障であれば、レンタルでも費用請求されてしまいますが、自然故障の場合はレンタル費用の中に含まれているのがメリットです。

購入の場合は3年目以降のメリットが大きい

ただ、購入の場合の最大のメリットは3年目以降のコストでしょう。レンタルプランは基本的に3年なので、3年までは解約(中途解約は違約金を払えばOK)できません。そして、3年後も継続したい場合は、レンタル費用は払い続ける必要があります。

一方、購入の場合は3年目以降も年間コストはフィルター交換費用だけです。

やはり、長期的な目線で見ると購入した方がコストメリットが高いですね。ガウラミニの電極部分はチタン+プラチナコーティングで20年くらいは劣化しないといわれているので、故障さえしなければ20年使えますね。

まとめ

筆者個人的にはガウラミニGAURA miniは当サイトの水素水サーバーランキングNo1商品です。今発売されている水素水サーバーの中で、コストと濃度のバランスが最も取れた水素水サーバーだと思います。

ガウラミニ公式ページ

参考になったら、友達にシェアしてみませんか?

水素水体験談

水素水の体験効果 2人の体験談

水素水が初めて・疑問だらけの「あなた」を手助け!

水素水のすべて

目的から水素水を選ぶ

安く買う空白健康病気
ダイエット空白美容美肌

水素水をランキングから選ぶ

水素水ランキングバナー
水素水サーバーランキングバナー
水素水サーバーランキングレンタルバナー
水素風呂ランキングバナー
携帯型水素生成器バナー

水素水選びにお悩みなら

サブコンテンツ

このページの先頭へ