楽天ルルドは韓国製?日本製が欲しいならルルド総販売元公認で!

ルルド

水素水サーバー・生成器で大人気の水素水生成器ルルドですが、韓国製のルルドも流通しているということをご存知でしょうか。

実は、日本国内生産のルルドと韓国製のルルドが存在するのです。何故、このようなことが起きていて、回避する手段はあるのかお伝えします。

ルルドの製造・販売

水素水生成器ルルドの製造販売は、少しややこしいようです。

ルルドの日本での販売は「ビューティーステーション株式会社」というところが「日本国内での製造と販売」を取り仕切っており、ビューティーステーション株式会社が許可した販売店のみを「ルルド総販売元公認」として、国内製造のルルドを取り扱い可能になっています。

ルルドの販売形態

ビューティーステーション株式会社のHPにはこのような注意が促されています。

・並行輸入品についてのご注意
当社および当社販売代理店で販売している水素水生成器「Lourdes(ルルド)」は、日本で製造している日本仕様の製品となります。
そのため、並行輸入品などの海外仕様製品については、日本国内における製品保証の対象外となりますので十分にご注意ください。
出典:ビューティーステーション株式会社

並行輸入品の購入は保証がつかないので、注意しましょうという消費者への注意喚起です。

ルルド並行輸入品とは?

ルルド並行輸入品とは、どのようなものなのでしょうか。端的に述べてしまえば、海外で作られたものを輸入して、日本国内で販売しているものです。

輸入元は韓国や中国といわれていて、韓国製・中国製のルルドはメーカー保証がつかないそうなので、注意しましょう。外見はほとんど一緒らしいのですが、利用している部品が微妙に違うとのことなので、故障してしまうと新しいのを買うしかない、となってしまうようです。

ちなみに、日本国内のルルド総販売元公認がついていれば、1年間の総販売元保証が付きます。

ルルド並行輸入品と日本製品の見極め方法

こうなると、ルルド並行輸入品は購入したくないと思うのではないでしょうか。保証がつかない輸入品は不安なので、日本製品を購入したいですよね。

見極める方法が非常に簡単で「ルルド総販売元公認」と書かれているかどうかです。

ルルドの公認ショップ

ルルド総販売元公認の販売店には、かならず記載があると思いますが、ショップのHPが分かりにくい、ということもあるので、よく確認してから購入しましょう。

また、具体的にルルド総販売元公認のルルド販売店を教えてほしいという方もいると思うので、お勧めのルルド総販売元公認の販売店のリンクを以下に張っておくので、確認してみてください。

※現在ルルドは売り切れや販売中止の販売店が増えています。ルルドを入手したい方は速めに注文・予約した方がいいかもしれません。

⇒ルルド総販売元公認のエイジレスファクトリーはこちら

※エイジレスファクトリー販売ページには総販売元公認のマークがついていませんが、問い合わせをしたところ公認であることが確認できました。基本的には、毎月末に入荷しているので、比較的早めにルルドを入試可能です。

特に楽天・Amazon・Yahooは注意

大手通販サイトで水素水サーバーを購入検討する方も多いかもしれませんが、きちんと「ルルド総販売元公認」かどうかを確認しましょう。大手通販サイトは、無数のショップが簡単に出店できるため、ある意味無法地帯となっていますので。

水素水サーバールルドは優良商品?

ルルドの利用イメージ

ルルドの販売形態についてのお話をしてきましたが、最後にルルドは購入に値する商品なのかをお伝えしておきます。

ルルドは水素水サーバーの中でも非常に良い商品だと思います。当サイトではお勧めNo1にしています。

【お勧めの理由】

  • 飲料水を直接電気分解しない(分離生成型)
  • 水素濃度が1.0ppmを超える
  • お手入れが簡単である
  • 水の種別を選ばない(水道水の場合は浄水推奨)
  • 水以外のジュースやお茶でもOK

とこのようなところですが、特に皆さんによく理解しておいてほしいのが初めに書いた「飲料水を直接電気分解しない」点です。このメリットは非常に大きいと考えています。

飲料水を直接電気分解しないメリット

水素水サーバーのほとんどの商品が「飲料水を電気分解して水素水を作る」方法を取っています。しかし、ルルドは飲料水を電気分解して水素を発生させるのではなく、飲料水以外の水を電気分解して、飲料水に水素ガスを注入し水素水を作ります。

分離生成型の説明

では直接電気分解しないと、どのようなメリットがあるのでしょうか。

【飲料水を直接電気分解しないことによるメリット】

  • 金属の劣化・飲料水に金属がしみだす心配がない
  • pHの変化(味の変化)の心配がない

通常の水素水サーバーのように、飲料水を電気分解して、水素水を作り出す場合、飲料水に電気を通すために金属を飲料水に触れさせる必要があります。また、電気分解を行うと、水素だけでなく水素イオンや水酸化イオンも発生するため、pHが変化し味がまずいと感じる場合もあります。

しかし、ルルドのような「飲料水を電気分解しない」タイプの商品は、pHや金属劣化などの味や品質面の心配をする必要がなく、安心して水素水を飲むことが可能なのです。

ちなみに、飲料水を直接電気分解しない水素水サーバーは私が知る限りは、この2つです。

【飲料水を直接電気分解しないサーバー】

  • ルルド
  • ラブリエリュクス

ルルドは159,400円、ラブリエリュクスは270,000円と価格差が大きいのですが、出来上がる水素水の濃度はルルドの方が高いのです。そのため、当サイトではルルドをお勧めNo1にしています。

⇒ルルド総販売元公認のエイジレスファクトリーはこちら

参考になったら、友達にシェアしてみませんか?

水素水体験談

水素水の体験効果 2人の体験談

水素水が初めて・疑問だらけの「あなた」を手助け!

水素水のすべて

目的から水素水を選ぶ

安く買う空白健康病気
ダイエット空白美容美肌

水素水をランキングから選ぶ

水素水ランキングバナー
水素水サーバーランキングバナー
水素水サーバーランキングレンタルバナー
水素風呂ランキングバナー
携帯型水素生成器バナー

水素水選びにお悩みなら

サブコンテンツ

このページの先頭へ