水素水サーバーでできた水素水がメチレンブルーで反応しない?

水素水サーバーは高額ですが、長期的に水素水を飲みたい場合非常に有効な手段です。

しかし、実際に購入した水素水サーバーで作った水素水にメチレンブルー(水素濃度判定試薬)を入れたところ、思ったよりも反応しない、という報告が出ています。なぜなのか、原因をお教えします。

水素濃度判定試薬・メチレンブルー

まず初めに水素濃度判定試薬・メチレンブルーについて簡単にだけ説明しておきます。

水素水に水素が含まれているかを測るものであり、試薬を水素水に垂らし透明になれば水素あり、青色になると水素がない、ということが分かるものです。

保存水素濃度判定試薬

1滴あたり0.1ppm相当で、何滴透明にしたかで水素濃度を計測できます。こちらの計測方法は論文発表もされているため、正式に水素濃度を判定する方法として確立された手法と考えてOKです。

⇒論文ダウンロードはこちら(英語)

しかし、その計測性能には誤差があります。

保存酸素(水に酸素が含まれている)が含有されている場合、うまく水素濃度を測れないということが分かっているのです。

実は、この酸素が含まれている場合、うまく水素を濃度を測定できない、という点が水素水サーバーで作った水素水の濃度をうまく計測できない、という点につながります。

市販されている水素水の場合は、問題なく計測(誤差0.2ppm程度はあり)できるといわれています。その理由も合わせてご説明していきます。

水素水サーバーの水素発生方法が原因

水素水サーバーには水素水の作り方が大まかに2種類あります。

  • 飲料水を電気分解して水素を発生させ水素水を作るもの
  • 飲料水と別の水を電気分解し水素を発生させ水素水を作るもの

前者は、電解水素水・アルカリイオン水などとも呼ばれ、かなり昔から流通していました。後者は、簡単にいうと水素ガスを水に混ぜている、ということになります。

どちらも水素を発生させるのは「水」なのですが、直接飲料水を分解するか、飲料水を分解せずに水素ガスを混ぜるかの違いです。

【参考】電気分解により水素が発生する仕組み
電気分解の仕組み
出典:panasonic

そして前者の場合、保存水素濃度判定試薬・メチレンブルーがうまく反応しない原因となります。

図中を確認いただければわかるのですが、水を分解することにより水素だけでなく酸素も発生してしまいます。先ほど、保存水素濃度判定試薬の解説で述べた通り、水中に酸素が含まれていると、保存水素濃度判定試薬・メチレンブルーはうまく反応することができません。

直接飲料水を電気分解して水素水を作るタイプの水素水サーバーは、この理由で保存水素濃度判定試薬を利用できないのです。

市販水素水が保存水素濃度判定試薬・メチレンブルーで計測できる理由

市販されている水素水は電気分解方式で作られた水素水は現在、ほとんど流通していません。現在の主流は水素ガスを水に注入するやり方(ナノバブル方式などと呼ばれる)で作っているからです。

ナノバブル製法

理由は主に以下の2つではないかと考えられます。

  • 電気分解で水素水を作るとpHも高くなる
  • 水素濃度を高くするための手段が圧力をかけることなので、ガス注入の方が実現しやすい

電気分解を行うと、水素だけではなく水素イオン・水酸化イオンも発生していしまいます。pHは水素イオンの濃度に依存するため、一般的に電気分解された水はアルカリ性が強い水となっていきます。あるメーカーの電気分解で作られる水素水は0.5ppmでpH10を超えると回答をいただきました。

pH10の水は、個人差はあるものの苦いと感じる方が多いといわれるレベルなので、あまり飲料水にしたくないでしょう。

ただ、水素水のニーズ自体は高まっており、各社水素水の濃度を高める研究開発に力を入れ、他社との差別化を図ってきました。その中で、水素ガスを注入し圧力をかける方が、合理的に行えたのではないかと考えられます。電気分解だとpHの問題がありますからね。

少し話がそれてしまいましたが、このように水素水として販売されている商品は、水素ガス注入の方法で作られているので、保存水素濃度判定試薬・メチレンブルーでも問題なく水素濃度が計測できるのです。

水素濃度を水素濃度判定試薬で計測できるサーバー・できないサーバー

水素水サーバーといっても、数多くあり、またどのような方法で水素水を作り出しているかまでは分からない、という方もいるかもしれないので、参考に水素濃度判定試薬・メチレンブルーで計測できるサーバーとできないサーバーをお伝えします。

【計測可能な水素水サーバー】

  • ルルド
  • ラブリエ
  • アキュエラブルー※

※アキュエラブルーは特殊な技術により実現している

【計測不可能な水素水サーバー】

  • 水素水ボトルポケット
  • 水素水サーバーSOMA
  • 水素水サーバーMAGIG POT
  • 日本トリム電解水素水整水器
  • Panasonic還元水素水生成器
  • シャープ還元水素水生成器

その他、水素水スティックタイプの商品や、「還元性」「電解」などがついている商品は保存水素濃度判定試薬・メチレンブルーを利用できないとお考えください。金属部分が飲料水に触れるタイプの商品はNGと考えれば基本的にはOKです。

自分の目で水素が入っている水素水かどうかを確かめたいとお考えの方は、先ほどご紹介した3機種から選んでみてください。また、pHの面や衛生面の観点からも直接飲料水を電気分解する方式のサーバーはお勧めしていません。

紹介した3機種のコスト面・機能面・メンテナンス性など比較を以下で行っているので、確かめていただくとよいかと思います。

⇒水素水サーバー比較・ランキング!

参考になったら、友達にシェアしてみませんか?

水素水体験談

水素水の体験効果 2人の体験談

水素水が初めて・疑問だらけの「あなた」を手助け!

水素水のすべて

目的から水素水を選ぶ

安く買う空白健康病気
ダイエット空白美容美肌

水素水をランキングから選ぶ

水素水ランキングバナー
水素水サーバーランキングバナー
水素水サーバーランキングレンタルバナー
水素風呂ランキングバナー
携帯型水素生成器バナー

水素水選びにお悩みなら

サブコンテンツ

このページの先頭へ