水素水サーバーレンタル比較ランキング!効果的なのはこれ!

レンタル水素水サーバーランキング

水素水サーバーレンタルタイプを比較しておすすめなのはどれなのかをお伝えしていきます。

水素水サーバーレンタルランキング

rank1_aアルピナウォーター

アルピナウォーターLp

水素濃度 メンテナンス性 コスト
review_5 review_4 review_4
高濃度水素水をいつでも飲むことができる水素水サーバーです。3.4ppmという濃度は、飽和濃度を超えているため、水に溶けきらない気泡の水素が含まれているのが特徴になりますね。実際に飲むときには、気泡の水素はどんどん逃げて行っているので、早めに飲むようにしましょう。

ウォーターサーバーとしても人気のアルピナウォーターをそのまま利用できるのがうれしいポイントですね。

アルピナウォーターの詳細はこちら

rank2_aガウラ

ガウラLP

水素濃度 メンテンス性 コスト
review_5 review_4 review_4
業務用水素水サーバーも手掛けるガウラの家庭用水素水サーバーです。

業務用水素水サーバーと利用している技術、部品は変わえずに、家庭にも置きやすいサイズとデザインに変更されたモデルです。

水道直結工事が必要となるタイプの水素水サーバーですが、工事さえ終われば、いつでも好きな時に好きなだけ飲めるのが魅力です。

ガウラの詳細を確認してみる

rank2_aアクアバンク

アクアバンク

水素濃度 メンテナンス性 コスト
review_5 review_5 review_4
アクアバンクの最大の魅力は価格が圧倒的に安いところです。月額3,980円は他を圧倒します。一方で、肝心の水素濃度が低い(0.6ppm程度)のがネックとなっています。

濃度よりも価格を重視したい、というニーズにはマッチした商品といえます。

アクアバンクの詳細を確認してみる

水素水サーバーレンタルタイプ比較

【水素水サーバーレンタルタイプ比較表①】

商品名 ガウラ アクアバンク
水素水サーバーイメージ ガウラ アクアバンク
水素濃度 3.8ppm 0.2~0.6ppm
初期費用 9,800円+5,980円 3,000円+2,000円
機器レンタル費用 5,980円 3,980円
方式 水道直結 タンクに水を手動で入れる
利用水 水道水 水道水
メンテナンス費用 0円(無料で1年に1回フィルター交換) 2,000円/1年(フィルター交換等)
1年間のトータルコスト※ 89,540円 54,760円

※初期費用込みの1年目のコスト

【水素水サーバーレンタルタイプ比較表②】

商品名 アルピナウォーター ハワイウォーター
水素水サーバーイメージ  アルピナ ハワイウォーター
水素濃度 3.4ppm 3.4ppm
初期費用 10,000円 10,000円
機器レンタル費用 1,572円 1,572円
方式 ボトルタイプ ボトルタイプ
利用水 ボトル水(948円/12ℓ) ボトル水(1,447円/12ℓ)
メンテナンス費用 0円(2年に一度無料メンテナンス) 0円(2年に一度無料メンテナンス)
1年間のトータルコスト※1  71,524円※2  93,979円※2

※1 初期費用込みの1年目のコスト
※2 家族3人が1日500mlずつ飲む場合

【水素水サーバーレンタルタイプ比較表③】

商品名 アーガ からだ思い※1
水素水サーバーイメージ アーガ からだ想い
水素濃度 1.6ppm 不明
初期費用 40,000円 42,700円
機器レンタル費用 16,000円 12,000円
方式 水道直結 水道直結
利用水 水道水 水道水
メンテナンス費用 0円(レンタル料に含む) 0円(2年に一度無料メンテナンス)
1年間のトータルコスト※2  232,000円  186,700円

※からだ想いは電解水素水(アルカリイオン水)であり厳密には水素水ではありません。注意しましょう。
※初期費用込みの1年目のコスト

【水素水サーバーレンタルタイプ比較表④】

商品名 スイミィ
水素水サーバーイメージ スイミィ
水素濃度 不明
初期費用 10,000円
機器レンタル費用 10,800円
方式 水道直結
利用水 水道水
メンテナンス費用 19,005円/1年(カートリッジ交換)
1年間のトータルコスト※  139,600円

※初期費用込みの1年目のコスト

水素水サーバーレンタルタイプを選ぶ基準

水素水サーバーレンタル選びのポイント

濃度とコストが最も重要なポイントです。濃度は1.0ppm以上あれば、効果的といわれているので、レンタルタイプも1.0ppm以上を基準にすればOKです。

⇒水素水の濃度と効果の関係

1.0ppm以上の濃度でコストパフォーマンスが良いサーバーというと、以下の2つがおすすめ候補になります。

  • ガウラ
  • アルピナウォーター

理由は「水道直結タイプの1.0ppm以上の濃度のサーバーで最も安いもの」と「ボトルタイプの1.0ppm以上の濃度のサーバーで最も安いもの」に絞ったからです。

水道直結型と、ボトルタイプではコストはどちら安いとも言い切れないので、その理由を説明しましょう。

水素水サーバーレンタルのコストの考え方

コスト計算

なぜ、この2つでおすすめを悩むかというと、ガウラは水道水を利用するのですが、アルピナウォーターは水をボトルで注文するので、ボトルを買えば買うほどお金がかかるからです。

そのため、アルピナウォーターは家庭環境によってコストが大きく変わります。そのため、簡単な試算例を行うので、あなたはどれに当てはまるのか、計算してみてください。

【アルピナウォーター:水素水を飲む量と家族構成】

  • 1人で500ml/1日飲む場合:43,084円
  • 2人で500ml/1日飲む場合:57,304円
  • 3人で500ml/1日飲む場合:71,524円
  • 4人で500ml/1日飲む場合:85,744円
  • 1人で1ℓ/1日飲む場合:57,304円
  • 2人で1ℓ/1日飲む場合:85,744円
  • 3人で1ℓ/1日飲む場合:114,184円
  • 4人で1ℓ/1日飲む場合:142,624円

ガウラの1年間のコストは89,540円です。水素水を飲む量によって、価格は変わりません。

アルピナウォーターの価格例とガウラの価格を比べると、毎日1ℓも水素水を飲むような、よっぽどのヘビーユーザーでない限りはアルピナウォーターの方が安くなりそうです。

一方で、ガウラの場合は得に飲む量を決めていなくても、常に価格が一定であるというのは、家計にとって計算しやすく、ありがたいメリットになります。飲み放題で好きなだけ飲めますしね。

両者、一長一短といったところでしょうか。

参考:水素水を飲む量は1日どれくらいがよいの?

水素水の摂取量は、1日に300ml~500ml程度が良い、と日本医科大学の太田教授が著書の中で答えています。そのため、水素水を大量に飲む必要性はありません。

もちろん、飲み過ぎて害になるということはありませんが、水素水を飲むことで「水の取り過ぎによる水毒」の症状を引き起こす可能性もあるので、1日の水分摂取量は2ℓ~2.5ℓを目安位にしましょう。

水素水の飲み過ぎによるデメリット!水毒とは?

水素水のサーバーレンタルの日々の手間も考慮に入れよう

手間
水素水サーバーレンタルタイプのガウラとアルピナウォーターとハワイウォーターのどれを選ぶかの基準に、ボトルタイプの水を注文し受け取る手間も考慮に入れた方がよいかもしれません。

ガウラであれば、水道直結なので水を受け取る必要がないのですが、アルピナウォーターとハワイウォーターだと水を届けてもらう必要があります。大した手間ではないと思うのか、面倒だな・・・と思うのかですね。

あなたにあったレンタル水素水サーバーはこれ!

いろいろと説明してきましたが、おすすめを以下に分けてご提案いたします。

◆3人家族以上で水素水を気兼ねなく飲みたいなら:ガウラ
ガウラLP

水素水を思いっきり楽しみたい、一日にどれくらい飲むとか気にしたくない、たくさん水素水を飲みたいという方にはガウラがお勧めです。高濃度の水素水を、いくら飲んでも、ほとんど費用は変わりません。

ガウラ公式ページ

◆3人家族以下で1日500ml程度の水素水を飲む:アルピナウォーター
アルピナウォーターLp

1日500mlまでしか水素水は飲まない!と決めているような方であれば、アルピナウォーター水素水がお勧めです。飲めば飲むほど、費用がかかるので、1日にどれくらい水素水を飲むか、計算しているような方にはお勧めです。

さらに今だけキャンペーン中で、うれしい特典12ℓボトル×4本セットが以下のリンクから申し込むとついてきます。

アルピナウォーター公式ページ

サブコンテンツ

このページの先頭へ