【人間証明済】水素水効果効能論文!関節リウマチ!

水素水の研究は2007年の日本医科大学太田教授発表の論文により、研究は加速しました。

その後、動物実験から人間への臨床実験も進んでおり、その成果が正式に発表されているものが多数出て生きています。今回はその一つ「関節リウマチ」についてご紹介します。

水素水効果効能論文:関節リウマチ

論文

論文内容は専門的な内容となっているため、読者の方に分かりやすいように、かみ砕いて概要をご紹介いたします。

  • 掲載誌:Med. Gas Res.2012, 2:27
  • 発表:原土井病院

【論文概要】
20人のリウマチ関節炎の患者に4~5ppmの水素水530ml/1日を4週間投与。4週間間を置き、さらに4週間水素水を投与した。

その結果、初めの4週間で尿中の8-OHdGおよび血清中CRPは有意に減少、次の4週間は現状維持。実験終了時には4人が完全に症状が無くなった。

補足説明

関節リウマチは、現在原因が特定できていない病気です。しかし、その原因には活性酸素が関係しているといわれています。活性酸素の中でも、悪性のヒドロキシルラジカルが、何らかの原因で関節リウマチを引き起こいしているといわれているんですね。

今回の論文の中では、通常1.6ppmが飽和濃度といわれているところを約5.0ppmの水素水を利用しています。飽和濃度を超えることができるのか、という疑問はあるかもしれませんが、特別に圧力をかけることで飽和濃度を超えることができるのです。

しかも、今回の論文で利用された水素水は市販されている水素水7.0ppmアキュエラという商品を利用したと考えられます。つまり、私たちも買えるということです。

当社と特定医療法人原土井病院との共同研究の成果として、2014年2月1日および2日に開催された第4回分子状水素医学シンポジウムにおいて超飽和水素発生器具および非破壊水素含有法を用いた研究「関節リウマチに対する高濃度水素(5-7 ppm)含有水の飲用効果が発表されました。
出典:Miz株式会社

MiZ株式会社の発明
常温常圧の私達の生活空間で、「5.0ppm」から「7.0ppm」という超高濃度の水素水を摂取することは、
私達のこれまでの歴史の中であり得ないことでした。
私達は17年という歳月をかけて、その夢を実現致しました。
そして、この日本発の技術を、私達は既に「特許」で権利保護しております
出典:水素水7.0ppmサポートページ

こちらのMiz株式会社は直接水素水の販売をしていないのですが、水素水7.0ppmアキュエラの商品を確認すると、Miz株式会社が製造元として販売されているのが水素水7.0ppmアキュエラである、ということが分かります。

つまりどういうことかというと、「今回の論文はMiz株式会社と原土井病院が共同で行っており、Miz株式会社が作っている水素水は私たちも買うことが可能」ということです。

⇒水素水7.0ppm詳細・公式ページはこちら

私見・考察

関節リウマチは、日本国内でも非常に多くの方が悩んでいる病気でなんと国内で約100万人もの患者がいるといわれています。30代~60代女性に多い病気といわれていますが、誰にでも発症するリスクはあると考えた方がよいでしょう。

今回の論文は、原因を完全に特定できたわけではないですが、20人中4人は完治までしています。明らかに効果がある、と考えてよいでしょうね。

水素水は飲むだけでよいので、少しでも症状に懸念がある方は、予防の意味も込めて飲み始めてみるのもよいかもしれません。

ただし、水素水を始めようと思う場合は、まずは水素水の選び方から勉強してみてください。商品選びが重要ですので。

⇒初心者でも失敗しない・水素水の選び方

参考になったら、友達にシェアしてみませんか?

水素水体験談

水素水の体験効果 2人の体験談

水素水が初めて・疑問だらけの「あなた」を手助け!

水素水のすべて

目的から水素水を選ぶ

安く買う空白健康病気
ダイエット空白美容美肌

水素水をランキングから選ぶ

水素水ランキングバナー
水素水サーバーランキングバナー
水素水サーバーランキングレンタルバナー
水素風呂ランキングバナー
携帯型水素生成器バナー

水素水選びにお悩みなら

サブコンテンツ

このページの先頭へ