【人間証明済】水素水効果効能論文!炎症性・ミトコンドリア性筋症!

水素水の研究は2007年の日本医科大学太田教授発表の論文により、研究は加速しました。

その後、動物実験から人間への臨床実験も進んでおり、その成果が正式に発表されているものが多数出て生きています。今回はその一つ「炎症性・ミトコンドリア性筋症」についてご紹介します。

水素水効果効能論文:炎症性・ミトコンドリア性筋症

論文

論文内容は専門的な内容となっているため、読者の方に分かりやすいように、かみ砕いて概要をご紹介いたします。

  • 掲載誌:Medical Gas Res., 2011, 1:24
  • 発表:名古屋大学医学部、愛知医科大学、中部大学

【論文概要】
進行性筋ジストロフィー症:12人、多発性筋炎・皮膚筋炎:4人、ミトコンドリア性筋炎:5人を対象に実験。1ℓ/1日の水素水を12週間投与して4週間ごとに酸化マーカー(指標値)を測定した。

プラセボ効果を見極めるために0.5ℓの水(患者には水素水と思わせる)を8週間投与し、同様の実験を行った。

結果は、乳酸値が、乳酸/ピルビン酸比、MMMP-3が優位になった。ミトコンドリア性筋炎の患者にはインスリン治療も行ったが、酸化マーカーに変化はなかったことから、水素水の効果であることが認められた。

補足説明

要約しましたが、分かりにくい点が多々あったかと思いますので、補足していきます。

  • 進行性筋ジストロフィー症:筋力低下と筋萎縮の遺伝性の病気
  • 多発性筋炎・皮膚筋炎:筋肉に力が入らなくなったり、筋肉の痛みを感じたりする病気
  • ミトコンドリア性筋炎:ミトコンドリア起因の筋肉炎症の病気

いずれも、筋力に力が入らないという病気、と考えればおおよそOKです。

これらの病気を抱える患者に、水素水と水素水と偽って出した水を飲ませて、経過観察したところ、病気に関する指標値に前者は改善効果があり、後者は改善効果が見られなかった、という論文内容です。

端的にいえば、これらの難病にも効果期待できる、という内容ととらえていただければ問題ありません。

私見・考察

私たちに聞きなじみのない病気かもしれませんが、それだけ活性酸素は様々病気に関連しているということです。水素水の力は活性酸素を除去する力、抗酸化作用と考えられているので、可能性は無限に広がっている、と思うと非常にワクワクしますね。

活性酸素が関連しない病気は、ほとんどない、などといわれており、それ故に、水素水を魔法の薬、のように一時的にメディアが持ち上げたこともありました。これから研究が進むにつれて、本当に魔法のような効果が次々と発見されるかもしれませんが、現段階では魔法とまでは言い切れないでしょう。

とはいえ、近い将来難病が水素の力で解決する、なんて事例も増えてくるかもしれません。

ただし、水素水を始めようと思う場合は、まずは水素水の選び方から勉強してみてください。商品選びが重要ですので。

⇒初心者でも失敗しない・水素水の選び方

参考になったら、友達にシェアしてみませんか?

水素水体験談

水素水の体験効果 2人の体験談

水素水が初めて・疑問だらけの「あなた」を手助け!

水素水のすべて

目的から水素水を選ぶ

安く買う空白健康病気
ダイエット空白美容美肌

水素水をランキングから選ぶ

水素水ランキングバナー
水素水サーバーランキングバナー
水素水サーバーランキングレンタルバナー
水素風呂ランキングバナー
携帯型水素生成器バナー

水素水選びにお悩みなら

サブコンテンツ

このページの先頭へ